脱毛施術前のシェービングでは、深剃りしてツルッツルにするまでの必要はありません。1ミリくらい残っていてもかまわないので逆に肌を傷つける可能性のあるカミソリは使わない方が良いのです。

普段のツルツルにしたい自己処理とは違い、脱毛施術前ならば電気シェーバーを使う方が安全かつお安く処理でき、部位によっては優れた機能を持っている専用シェーバーも売られています。

今回は、特にデリケートで自己処理が難しい部位といわれるVIOにむいている電気シェーバーを探してみました。

こちらの記事も参考にどうぞ。

>>全身脱毛の前のシェービングに便利なおススメ専用グッズ

>>脱毛前のシェービングに電気シェーバーの選び方

 

VIOには剃刀より電気シェーバー

カミソリのメリットとデメリット

VIOと言われるデリケートゾーンは、体毛の中でもなかなか剛毛で太いため、シェービングする際に、カミソリを使って綺麗に一度で処理したいという人も多いかもしれません。カミソリを使い慣れていれば、毛が肌から出ている境目から綺麗にカットでき、シェービング直後の手触りや見た目が一見美しく見えるので、お手軽なのがメリットですね。

ただし、これはつまり反対に言えば、深剃りしやすいという事ですね。

また一方、使い慣れていないとその分デリケートな肌が傷つきやすくなります。カミソリ負けもありますし、そもそも肌に深く刃を当てすぎて皮膚を切ってしまったり、皮膚表面をカサカサに削ってしまうなどして、肌ダメージを作ってしまい、結局脱毛施術が受けられないような状態になることも珍しくはありません。

>>脱毛前に剃り残しがあるとダメ!何ミリならOKなのかな

電気シェーバーのメリットとデメリット

VIO専用電気シェーバーのメリット

電気シェーバーを使うと、特にVIOに関しては毛先を丸くカットしてくれてチクチクしないとうわさのヒートカッタータイプを使う事でシェービング後の不快感がかなり軽減されます。水着や下着からチクチク針山のように出てくるのも防いでくれますし、その点はカミソリよりもかなり優れています。

また、ヒートカッタータイプではないシェーバーを使ったとしても、肌からほんの少し浮いた状態でガードしながらカットできるため、肌を傷めずに安全にシェービングできますので、脱毛施術前の自己処理としては理想的なのです。

VIO専用電気シェーバーのデメリット

一方、デメリットも若干あります。

先ほどご紹介した通り、肌を傷めずにシェービングできる=少し甘いそり具合になるため、どうしても皮膚の表面の毛が0.1ミリほど剃り残ります。毛の太さや色にもよりますが、当然見た目としては黒いプツプツ状態となって見た目は美しくありません。

とは言え、脱毛前の自己処理なので、海に行くための処理と違って見た目は我慢して肌へのケアを重視することでいいと思います。

そしてヒートカッタータイプの場合は毛先を焼くため、どうしても焦げ臭いにおいがしてきます。これが苦手な人もいらっしゃるでしょう。また、少しずつしか処理できないので時間も若干かかります。

ヒートカッタータイプ以外であればもう少し多めに処理ができるので、さっさとすませたい人はチクチクを我慢してヒートカッタータイプ以外のシェーバーを使うと良いでしょう。

脱毛施術前にはやはり電気シェーバーが一番!


目的が脱毛施術のための自己処理であれば、やはりちょっとでも深剃りの危険がある剃刀よりは、電気シェーバーの方が安全です。

特にIライン、Oラインは自分では手が届きにくかったり、構造が複雑で怪我しやすかったりします。見えにくい部分でもありますので、電気シェーバーでキレイに剃っていく方がはるかに安全なのです。ただ、長くのびてしまいやすいこの部分は、電気シェーバーを当てる前にハサミなどである程度カットしておかなければなりませんよね。その時にはヒートカッターが活躍します。やはりガードがついているのでそれを頼りに1センチくらいの長さに揃えておき、ヒートカッタータイプではないシェーバーで一気に剃り上げるようにすると変に肌を傷つける心配が減ります。

また、Vラインは特に、ハイジニーナにするためや毛量を減らすために全剃りするのか、形を残して一部剃って脱毛するのかでも処理方法がかわってきますよね。

全剃りするならシェーバーで一気に剃り上げてしまえばよいのですが、一部を残す場合は、その部分の長さを整えるためにもヒートカッタータイプが活躍します。なので、Vラインはあらかじめヒートカッタータイプで長さを揃えておき、脱毛処理を受けたい部分だけ通常のシェーバーで1ミリ以下になるように剃って行くと効率的です。

カットしてしばらくの間(2週間ほど)は形を整えて残した部分はチクチク感を感じることなくすごせます。

脱毛施術後にまた期間が開いてVIOの毛が生えてきたなら、ヒートカッタータイプで適宜処理をしておくと次の脱毛施術前のシェーバー作業が楽になります。施術と施術の間に通常の電気シェーバーで頻繁に処理するのも、肌荒れや色素沈着のリスクがまったくないわけではありませんので、直接肌に触れにくい処理が望ましいのです。

おすすめ!VIO用シェーバー

VIO用の専用シェーバーはいずれも様々な工夫のある優れものです。使うシーンと使い勝手を考えてお気に入りの1本をチョイスしてみてくださいね。

Iラインシェーバー(ラヴィア)


参考価格:2,900円

スリムなボディで単4電池1本で動かせるため、旅先に持っていくのにも便利な一品です。替え刃式で、付属品としてついてきます。タンガやTバックを履くときに気になるハミ毛もしっかり処理できます。見えない箇所だからこそ、安全のために根元からカットできないつくりになっています。複雑な形のデリケートゾーンを処理するには小回りの利くこのタイプがおすすめです。

夏場のこの時期は大活躍です。これまでカミソリで剃っていましたがカミソリ負けがひどくて困っていました。肌荒れも少なく、スリムなのでデリケートな部分にも使いやすいです。お値段的にもお手頃ですし、オススメです!
引用 楽天 https://review.rakuten.co.jp/item/1/236364_10913237/1.1/?l2-id=item_review

シルク・エピル レディースシェーバー(ブラウン)


参考価格:2,580円

水洗いOKの替え刃式ボディシェーバーです。ほぼ全身に使えるため、アタッチメントを換えればVIOでも使用可能です。広い範囲を一気に処理したい方にはこちらがおすすめ。ただし音が少々うるさいのが難点かもしれません。

かみそりで剃ると肌が乾燥したり荒れてしまうので購入しました。音は多少うるさいですがキチンと処理できます。肌はツルツルになりますがあまり深剃りはできません。毛深いので生脚の時はかみそりで剃ると思いますが普段の処理には丁度いいです。
引用 楽天 https://review.rakuten.co.jp/item/1/202889_10000630/1.1/?l2-id=item_review

おすすめ!VIO用ヒートカッター

ここからはヒートカッタータイプのご紹介です。

ボディケアシリーズ Vライントリマー(ラヴィア)


参考価格:2,916円

Iラインシェーバーに比べると安く小さい本体で、ヒートカッタータイプです。Vライン専用で、毛先をまるめながらカットできるため使用後のチクチクを感じにくいという優れもの。単3電池2本を使って新品でも30分ほどしか持たないのが難点ですが、初心者がVラインを処理した場合でも安全なように配慮された樹脂ガードが深剃りや火傷を防ぎます。

ずっと悩んでました。でも、買って使ってみて早く買えば良かったーと思いました!
引用 Amazon口コミ https://www.amazon.co.jp/dp/B001B49V0E/

Vラインヒート ルパ(アトラス工業)


参考価格:3,300円

ストライプやカモフラ柄、アニマル柄など、かわいい柄の種類が豊富でコンパクトなので、持ち運びしやすいヒートカッターです。LEDライトもついているため、陰になってしまう暗い部分のお手入れがしやすいメリットがあります。

持っていたアンダーカッターが壊れてしまい、
剃るくらいで 長さは放置していましたが、
改めて 収納袋ついてるし、デザインもかわいいし、2000内で買えるから 買おうと購入しました。
いい仕事してくれます。 また壊れるまで使いたいと思います。
引用 Amazon口コミ https://www.amazon.co.jp/dp/B01B12D9JY

これから脱毛をしたいと考えている人には、こちらの記事も参考にしてみてくださいね。

>>脱毛のやめどきの見きわめかたは?

>>効率いい脱毛頻度はどれくらいの間隔?早く行けば早くできる?

>>脱毛サロンをコスパよく通いたいなら検討ポイントはココ!

その他の疑問や不安はこちらからどうぞ。⇒脱毛の基礎知識


 

関連記事