風水,寝室,カーテン
部屋のインテリアの中でも、見た目に重要な位置を占めるものの一つに、カーテンがありますよね。
カーテンをかけかえるだけで、ガラッと部屋の印象も変わりますし、同時に気持ちもどこかしら変わってきます。
寝室のカーテンを買いたいと思っているなら、ちょっぴり運気アップできるものを選んでみませんか?
どのようなものが寝室にむいているのか、あるいは何の目的ならどの色が良いのか、共通して考えられているものをご紹介してみましょう。

(関連記事)この記事を読んでいる方におすすめの関連記事はこちら。

寝室の風水は方位が大事?!ベッドや枕の向きだけじゃない、寝室風水のポイントは

寝室の位置が悪くても大丈夫!ベッドカバーに風水を取り入れて開運しよう!

※ 金運・仕事・恋愛運、寝室風水でいろいろパワーアップ!

カーテンの風水的な役割とは?

カーテンは、風水に限らず、窓にかけてあればキツイ日差しを遮り、冬は暖かな空気を逃がさないなど、外界と室内を隔てる場所で重要な役割を持っています。

外から丸見えにならないようにするためにも必要ですし、夏場にレースのカーテンがゆらめいていると、涼しさも演出してくれますよね。

風水でも、カーテンは非常に重要な役割を果たしています。
属性は「陰」となり、癒しやリラックスをつかさどります。

また、寝室は、風水においては良い気が溜まりやすく、吸収できる場所となっていますので、その良い気を夜に逃がさず蓄積し、吸収しやすくします。

そのため、寝室では特に、カーテンの選び方や色、方角などによって運気のパワーを高めらる効果が期待できます。

しかし、カーテンが一重のものだと、せっかくの良い気も逃げていくのだそうです。
必ず、レースとのセット等で二重にしておきましょう。

寝室のカーテンが二重であれば、冬はさらに、窓からの冷えを遮断する事にも役立ちます。
室内の温度を一定に保つためにも、カーテンは役立っているのです。

目的別カーテンの選び方

自分にとって強化したい運を、カーテン選びで実現してみませんか?
寝室においては、布団や枕カバーとセットで考え、バランスを重視します。
カーテンが柄物ならカバー類は無地、あるいはその逆などにして、部屋の気がバランスよくめぐるようにします。
相性の良い方角も参考に入れてはいますが、どの方角であれ、カラーや模様で目的の運気は上げられます。
また、ベージュのカラーは、万能なので、どの方角でも全体的に運気アップが見込めます。

風水,寝室,カーテン
出典:大人女子が選ぶキレイ目STYLE INN’S

健康運第一!の人にはこれ

カラーは緑系
自然を感じさせる柄や、チェック柄で安定運を取り入れるのも良いでしょう。
東側に窓があれば、更に良いパワーを得られます。

やっぱり金運アップでしょうという方はこれ

カラーは黄系
模様は水玉模様や星形。
西側に窓があれば、最大限に発揮しそうです。

 

恋愛運を上げたいならこれ

カラーはピンクオレンジ系
模様は花柄。
北側に窓があれば更にアップしそうです。

 

何より仕事運が欲しい人はこれ

カラーは青系
模様は星座や星の柄。
東側に窓があればなお良いです。

(関連記事)この記事と併せて読むならこちらの記事もどうぞ。

風水と仕事運、色の関係を改めて考えてみました

※ 金運アップには長財布!色に素材に使い方、タイミング次第で金運にも変化が?!

トータルコーディネートと自分の好みに合わせるならどう選ぶ?

風水で考えると、よくわからなくなった!という方もご安心ください。

風水的には、全体的なバランスが重要となります。
あちこち方角に合わせていたら、なんだかちぐはぐなコーディネートになっちゃいそうで困る場合は、おもいきって、自分の合わせたいものを一種類に絞ってみましょう。

目的をまずはっきりするだけでも違います。
あれもこれも、と欲張ってはかえって気が乱れてしまい、悪いバランスになるばかりです。
少な目に、自分に合った物をチョイスする。
そして、最終的には自分の感覚を信じる事が幸せへの第一歩ではないでしょうか。

なんとなく好きだな、と思う物、落ち着くな、と思う物を選ぶと良いのです。
激しく好きだ!という物は、毎日目にする物としては、気を乱す原因になるかもしれませんので、寝室のカーテン以外のものでチョイスすると良いです。
黒や、灰色だけは、寝室にはあまりよろしくないようですので、別のものの中から感覚に合う物を選びましょう。

ちなみに、風水にもいろんな流派があり、素材にもこだわっているところもありますが、カーテンに関しては、自然素材にはあまりこだわっていない所が多いです。
なぜなら、カーテンは機能的にもかなり重要な役割を持つため、今までの暮らしの知恵から、燃えにくさに特化するなど、様々な工夫が盛り込まれて加工されているからです。

カーテンを選んだら、運気アップのためにこれをしよう!

カーテンの役割の一つに、気を部屋の内側に留めるという物があります。
運気を高めたければ、毎朝外からの良い気を取り込むためにカーテンや窓を開き、寝室の空気の入れ替えを行い、暗くなる前にカーテンを閉じ、良い気を留めます。
仕事などで明るい内に帰れない人は、朝のうちに開け閉めするだけでも違います。

たったこれだけでも、開運できるのだそうです。

また、ホコリが溜まったり、カビなどで汚れてしまうと、せっかくの機能も半減してしまいますので、少なくとも一年に一度は綺麗に洗いましょう。
できれば、シーズンごとに洗えればベターです。
洗えないタイプのものであれば、ファブリーズやリセッシュなどの除菌消臭効果のあるスプレーを使うのも良いでしょう。

せっかく吟味して選んだカーテンですので、綺麗に気持ちよく使いたいものですね。

寝室でNGな風水とは?

気持ちの良いカーテンで運気アップできる寝室を作っても、他の要因で運気が下がってはもったいないですよね。
以下の点に気を付けて、寝室をメイキングしてみてください。
バランスよく良い気をめぐらせるための工夫となります。

風水,寝室,カーテン
掃除をせずにホコリが溜まるとNG

寝室に限らないのですが、良い気は綺麗な場所を好みます。
家具を最低限にしぼり、普段からホコリが溜まらないように綺麗に掃除しましょう。

枕の位置に注意

日本では北枕が敬遠されがちですが、風水的には、枕は北か東が良いようです。
NGとまでは言えませんが、より気の流れをスムーズにするためには、良い方向へ向けてみましょう。

鏡にベッドが写るのはNG

ドレッサーがあるような場合は、布をかけておきましょう。
特にベッドが写っているようなら、鏡の中の自分に運が吸収されてしまうのでNGとなります。

テレビは、できるだけ寝室には置かない

どうしてもおきたいのであれば、やはり布をかけるなどの対策が必要です。
また、寝る前30分~1時間は、見るのをやめましょう。

寝室にぬいぐるみやポスターはNG

ぬいぐるみや、ドライフラワーなど「死」をイメージできるものは極力置かない方が良いです。
陰の気が強くなりすぎ、バランスを崩します。

寝ている場所に向かって家具の角があるのはNG

他の部分でも同様ですが、風水では角が向かって来るのは極力さけます。
まるみを帯びたものにかえるか、間に何かを挟んで緩和します。

(関連記事)この記事を読んでいる方におすすめの関連記事はこちら。

リビングで風水を使って開運したいなら何をする?簡単な事はどれ?

風水で見る玄関の置物、これだけは守ろう!いい置物と悪い置物は?

まとめ

現代では、風水も一般的によく知られるようになってきたためか、インテリアショップなどでもよく紹介されているのを目にします。

特にカーテンは、種類も色も豊富にありますよね。
ありすぎて選ぶのに困った時なども、ちょっとした意味づけとして風水を利用すると、運気も上がる上にチョイスしやすくなるという一石二鳥な役割もあるのかもしれません。

楽しく好みの物を選んで、かつ意味もあるとわかると、なんとなく気持ちがウキウキしてきませんか?
その気持ちが日々の暮らしでは大事です。

ちょっぴり迷ったなら、ぜひ、このブログを参考にしていただけると嬉しいです。

風水についてもっと知りたい方はこちらもどうぞ。

 


 

関連記事