あまり意識はしないけれど、「毎日使うもの」であるお財布。
そのお財布、実は金運アップにとっても重要なアイテム!

風水では長財布が良いと言いますが、色は?素材は?そもそもなんで長財布?!
金運アップにベストなお財布選び、これで間違いなし?!

かわいいだけじゃない、ピンクのお財布に隠された風水パワー!

赤い財布は風水では運気アップとも破産ともいうけど・・・どっち?

風水で簡単金運アップ!場所別アップ術と知らないと損するNG例

金運アップに長財布?風水的、お財布のベストチョイスは?!

お財布と一口に言ってもタイプはさまざま。
コンパクトに扱える二つ折り、収納力があり整理のしやすい長財布。
開閉がラクで小銭が見やすいがま口タイプもあれば、札入れ・小銭入れを分けるという人も。

まずは金運アップを狙うならこれを買うべき!というお財布の条件を見てみましょう。

どうして風水では長財布がいいの?

風水では金運アップには長財布が良いと言われてはいますが、ではその理由はどんなことなのでしょうか?

風水で長財布が良いとされる理由は「お金の居心地の良さ」。
お金、特にお札を「人」としてイメージすると分かりやすいのですが、二つ折りのお財布ではお札はお財布の中で降り曲がって過ごすことになりとっても窮屈。

その点長財布であれば、お札は本来の形のまままっすぐな姿勢で収まっていることができます。
長財布はお札が窮屈せず居心地よくいられるので「良い」とされるんですね。

人間だってエコノミーの窮屈な座席よりファーストクラスの座席でゆったり過ごすフライトの方が居心地が良い。
会社のデスクで窮屈な椅子に長時間座るよりは、体をゆったり伸ばして預けられるフカフカの座椅子やソファの方が居心地が良い。

そしてそんな居心地の良いところを求めて、自然と集まってくる。
そんな発想が、風水にはあるようです。

色が大切な風水、金運アップのお財布の色は?

金運アップといえば黄色が定番の風水
ではお財布の色となったらどうなのでしょうか?

金運アップ財布の基本は「」、NGは「

風水の「五行」の考え方で行くと、お金を生み出すのは「」。
逆にお金が嫌がるのは「」。
土の中には金属が存在し、火は金属をその熱で溶かしてしまいます。

つまり風水で考えるお財布のカラーの基本は「土」のカラーがよく、避けるべきNGカラーは「火」のカラー。

「土」の色といえば茶色と黄土色
NGである「火」の色は赤と紫

ほかに良いとされるカラーは光やエネルギーを吸収して閉じ込める「黒」
またリセットの「白」も、今までの生活を改め新たなスタートを切る!というタイミングにはベストな色なんだとか。

ただし汚れやすい白はこまめなお手入れが不可欠。
汚れたお財布からは「居心地が悪い!」とお金も逃げて行ってしまいます。

金運アップの「黄色」の財布を選ぶなら

「金運アップ」「風水」と聞くとまっさきに思い浮かぶのが「黄色」や「ゴールド」。
インターネットや本で見ても、かならず言われている色ですよね。
黄色やゴールドは、金運アップにつながる「土」や「金」の気をもつ色。

「金」の気をもつゴールドやシルバーだけでなく「土」の気をもつ色が良いとされるのは、「金は土から生じる」ことから。

出典:風水の部屋


「土」の気をもつ色には、ほかに「茶色」や「ベージュ」、オレンジなども茶色に近い色味のものが含まれます。

風水で金運といえばの「黄色」や「金色」はどうなのかというと、もちろん金運アップには良いのですが、黄色や金色のお財布ではお金の出入りが激しくなるという説が。

入ってくるものが増えても、出ていくものが多ければ結局意味がないかも・・・。

黄色が好きなら「白」を混ぜたパステルイエローで浪費しやすくなる悪い効果をセーブして!
または黄土色のような落ち着いた黄色なら、色のもつパワーが強くなりすぎず悪い影響を抑えつつ、「貯める」パワーにも期待ができます。

「土」の気をもつ「茶系」で金運アップ

いかにも「土」というイメージのある茶色。
茶色のお財布には、落ち着いて安定した金運パワーが。

同じ茶系のベージュもお財布には良い色とされていますね。
浪費や無駄遣いを抑えて、お金が貯まりやすくなる効果をもっています。
そのパワーがより強いのが茶色のお財布。

茶色の色味が薄いよりは濃い方が、「土」のもつパワーが増強されるというわけですね。

お金を生み出し貯める効果があるとされる茶系のお財布、ベージュなどは女性向けのものに多いカラーですが、その効果は女性より男性の方が強いんだそうですよ。

今ある金運をキープするには「黒」

金運をアップするというよりは、今あるものをキープしたいときにオススメなのが「黒」。

黒いお財布は「吸収して閉じ込める」お金がたまることや支出を減らすことがが期待できますが、そのぶん入ってくるものを増やす運を上げて行こうという場合にはあまり期待できないのだとか。

そのため黒は、どちらかといえば今現在金運が良い状態にあって、これを維持していきたいというときにマッチします

また「今あるお金を貯めておきたい」「今の金運を維持したい」というのがメインだけれど、できれば少し金運アップも・・・というときには、黒のお財布に金具や装飾でゴールドやシルバーを少し取り入れるという方法もあります。

「金」の気をもつゴールドやシルバーには、「自分のもともと持っている金の気を増やす」という効果があります

一方でお金の出入りの激しくなる色でもありますから、黒のお財布で維持しつつちょっと開運も、としてゴールドやシルバーを取り入れるときには、多すぎないよう注意すると良いでしょう

「他力本願の金運」アップ術?!の「ピンク」

恋愛運や美容運、仕事運に人間関係など、女性の運気を総合的に上げてくれるといわれる「ピンク」。
お財布で取り入れることで、「プレゼントをもらう」「ごちそうしてもらえる」などの効果が期待できるともいわれます。

女性ならずとも、「自分の目標や夢のためのお金が育つ」「人間関係に好影響」などといった効果が。
「お金を育てる」効果があり、お金が貯まりやすくなるという話も

管理人の知人男性でこれを聞いてピンクのお財布に買い替えた人がいます。
飲み会などの席で「ほらほら、ピンクのお財布だよ!きっと今日はおごってもらえるな!」と言いながらむしろ自分がおごってしまう人。

しかしよくよく思い返すとその男性、そういえばちょっと困ったときなどには必ず誰かしらが手助けをしてくれているような・・・。
ピンクのお財布の効果、侮れないかもしれませんね(笑)。

ただしピンクはピンクでも、ショッキングピンクなどの強いピンクでは「火」の気につながり逆効果になりかねないので要注意。
お財布にピンクを選ぶなら淡い色味のものを選んで。

別名「貧乏財布」?!「赤」は財布のNGカラー

渋めの赤の艶やかななめし革のお財布なんてちょっと格好良い雰囲気がありますが・・・風水で「赤」のお財布はNG
金運というからには「金」の気が大切になってくるわけですが、この「赤」、その大切な「金」の気を燃やし溶かしてしまう「火」の気をもつ色。

出典:風水の部屋


金運アップどころか、今その人がもっている金運だけでなく、生まれながらもっている金運や財運までをもダウンさせてしまう「使っちゃダメ!」な色のお財布。
風水では赤いお財布は「貧乏財布」と呼ばれることすらあるのだとか。

「火」の気が「金」の気を燃やし溶かしてしまうと、無駄遣いや衝動買いが増えてどんなに入ってきても入ってきた先からどんどん出て行ってしまうようになるんだそう。

風水で金運アップ財布をといったときには「オレンジも良い」とされることがありますが、オレンジも色味によっては「火」の気に属するため、金運アップを狙ってオレンジを選択肢に入れるときには注意が必要です

NGなのは「火」だけじゃない!「水」にも要注意

そのほか避けるべきカラーとして、要注意なのが「水」の青。
「水」は金属から生じるために、「金」のエネルギーを吸い取り金運ダウン、さらにはためたお金まで流してしまうとか!

「空色のお財布はお金が貯まる」という話も聞いたことがあるのですが、それって単なる間違いなんでしょうか・・・。
と、思って調べてみたところ、「淡い水色には増やす気の性質がある」という説が。

「水」の気は「木」の気を育てる、といいますから、そうした意味で「増やす」性質があるとされているよう。
しかし一方では「水色は特に『流し去る』水の性質が強いからお財布には絶対ダメ!」という説も。

少なくとも青系は「選ばないのが無難」とは言えそうですね。

まずは悪い運気を断ち切ろう!というときの「白」

風水ではリセットや浄化の作用があるとされる「白」。
金運関連では「お金を貯める」効果があるともいわれています。

そのリセット効果から、金運が悪いな・・・という状況が続いたときに、その悪い運気を断ち切るために白いお財布を選ぶと良いのだそう。
ある程度運気が立ち直ってきたかな?と思ったら、次に金運アップに向けたカラーのものに買い替えたりといった活用がされます。

また白いお財布は、「買ってもすぐには使わない」のがコツ。
「お財布は寝かせてから使う」ことでさらに金運アップが狙えるという話がありますが、この効果が特に大きいのが白のお財布なんだそう。

また汚れやすい白のお財布、汚れたり古くなったりしたときの悪影響も強いため特にきれいに使うよう気をつけたい色です

「以前は良かったのに?」という復活狙いに「緑」

金運アップ効果としては「無難」といわれることの多い緑のお財布には、「呼び戻す効果がある」という説も。

地道にコツコツ働く人には向いているという緑のお財布。
逆にいえば、そうでない場合には特にこれといった効果がないのだとか。

そんな緑のお財布に言われる「呼び戻す効果」。
緑という色には再生のパワーがあり、このことから「出て行ったお金を呼び戻す」とされています

たとえば「一生懸命働いているのになんだか金運が上がるどころか下がっていない?」というとき。

一度白のお財布でリセットしてから、緑のお財布で元あったはずの金運を復活させる。
それから金運アップに良いとされる色のお財布にさらに買い替えて・・・といった段階を踏んでも良いかもしれませんね。

長期戦覚悟の金運アップに地位や名誉の「紫」?

「紫」といえば、赤と同じく「火」の気をもつカラー。
・・・ということは、やっぱり使っちゃダメな色なのでは?

かと思いきや、紫には地位や名誉といった、その人のステータスを上げる効果が。
出世や昇進を狙っている人には強い助けになってくれるカラーです。

直接的な金運アップというよりも、出世や昇進が叶い結果的に収入もアップ、という「巡り巡って結果的に金運アップ」というイメージですね。

持つ人のステータスを上げてくれる紫のお財布、「急がば回れ」方式の金運アップ術ともいえそうです。

なんでもいいの?お財布の素材

形、色ときたら、やっぱり素材にも風水的な「良い・悪い」があるのでは?
もちろんありました!

布・ビニール・合成皮革に本革。
お財布の素材はいろいろありますが、ベストなのは「本革」。
さまざまな動物の革でできたお財布は、その動物の特徴が金運アップに効果をもたらします。

風水では蓄財を意味し、堅実にお金をためる意味合いが強い牛革。
「ヘビの抜け殻を財布にいれるとお金が増える」なんて言い伝えがありますが、風水でも「ヘビ」は大きな財産をもたらします。
ワニ革は「一度噛みついたら離さない」ので金運を維持するとされます。

風水では開運パワー抜群といわれる鏡の置き場所、ベストなのはどこ?

風水では表札も重要! 開運にはどんなのがいいの?

お財布購入にもルールあり?!使い方次第で金運も変わる!


形・色・素材。
せっかくこだわって買ったお財布が呼び込む金運も、上げる下げるはタイミングや使い方次第。

確実に金運アップを狙うのにベストなタイミングと、普段のお手入れなど扱い方は?

いつ買う?いつ買い替える?風水的ベストタイミングは?!

例えば宝くじ。
風水ではありませんが、大安や一粒万倍日、天赦日など高額当せんを狙って購入する日を選ぶ人もいますよね。

そんな「お財布はこの日に買うべき!」という風水的ベストタイミングはあるのでしょうか?

やはりまずは外せないのが開運日、金運とゆかりのある「寅の日」が良いのだそう。
ほかにも新月・満月に当たる日や「大安」も良いとされています。
そのほかに、春財布と言われる2月4日~3月4日の立春の時期、秋財布と言われる9月23日から11月24日も購入や使い始める日として良いとされています。

これらのタイミングを意識して購入したり使い始めることによって、さらに金運アップの効果が期待できます。

買い替えはお財布に傷がついたりくたびれてきたらというタイミングもありますが、さらにこだわるなら「1,000日」を意識して。

風水ではお財布の寿命は1,000日、約3年ほどと言われています。
どんなに金運アップのパワーがあるお財布でも、それを過ぎたらパワーダウンするのだとか。

寿命が来てしまったお気に入りのお財布を、まだ使いたいというときには「使った期間と同じ期間だけ寝かせる」という方法があります。
寿命が来て失ってしまったパワーが回復するのだとか!
お財布や運気も、睡眠って大切なんですね。

買っただけではモッタイナイ!さらに金運をアップするための注意点は?

家の中のことではとにかくまず掃除と整理整頓と言われる風水。
ではお財布の場合、普段のお手入れや扱い方などに注意点はあるのでしょうか?

ここでもやっぱり整理整頓が大切なんですね。
カードの向き、お札の種類や向きはそろえていますか?
お札の向きに関しては、上下を逆さまにそろえることで「出ていきにくく」なるという話も。

また、レシートや使っていないポイントカードをお財布にため込むのはNG。
特にレシートは「出ていくお金・出て行ったお金」にかかわるものなので、入れっぱなしにしない方が良いそう。

そのほかに言われることでは、お財布自体を拭くなどしてキレイに保つこと。
またお金は寂しがり屋なので、常時全種類のお札が入っている、一定額ぶんのお札が入っている、などが良いとも言われます。

また暗い場所を好むお金のために、お財布はバッグに入れっ放しではなく家の西や北の方角の「暗いところ」にしまってあげるのが良いそうですよ。

金運・仕事・恋愛運、寝室風水でいろいろパワーアップ!

風水で簡単金運アップ!場所別アップ術と知らないと損するNG例

風水的最強!の金運財布ってどういうモノ?


形・色・素材・購入タイミングと使い方。
すべて合わせて考えていくと、風水的な「金運アップ財布」のイメージは「茶色か黄土色の本革の長財布」というのが基本形になりそう。

そのほかにも向上を狙う金運のタイプごとに色や素材をアレンジ。

会社員の堅実な金運アップなら牛革を、自営業や経営者なら人脈も合わせて運んでくるヘビやワニ。
心機一転なら白、今ある財をしっかりキープしていくなら黒。

自分の求める金運アップ財布を手に入れたら、メンテナンスもしっかりしてそのパワーを最大限に生かしましょう!

風水についてもっと知りたい方はこちらもどうぞ。

 


 

関連記事