暑い夏のピークが過ぎた時期になりますと、そろそろ長野などでは松茸狩りのシーズンです。
松茸が顔を出すシーズンになりますと、何故かあの松茸の香りがしてくるような気がします。
焼き松茸もいいですし、土瓶蒸しもいいですね。
松茸ご飯最高です!

松茸はすぐに香りなどが飛んでしまいますので、美味しくいただくにはやはり松茸狩りで取ってきてすぐ食べるに限ります。取立ての松茸は言いようのない芳醇な香りとしゃきっとした歯触りが最高ですね。

松茸狩りは関西が盛んで都市部から近いところでもありますので、日帰りが多いようです。でも、関東の近くにはほとんどなく、栃木県や長野県にまで足を伸ばす必要があります。
長野県も上田市あたりにはたくさんの松茸の産地があり、みなさん出掛けているようです。

そこで、松茸狩りの情報について調べてみることにしました。

(関連記事)この記事を読んでいる方におすすめの関連記事はこちらもどうぞ。

嬉しい!松茸食べ放題なお店があるってホント?東京編

嬉しい!松茸食べ放題なお店があるってホント?長野編

松茸を保存するには冷凍ができる?保存期間はどれくらいなの?

松茸狩りのシーズンはいつ?

秋の香りと言えば、松茸です。
「山のダイヤ」とも呼ばれているように最高の食材になります。
松茸狩りのシーズンは地域によって差がありますが、だいだいは9月の中旬から11月の中旬までが多いようです。
ちょうど残暑の厳しさが和らぐ頃からスタートする感じですね。
この時期になりますと、有名な産地では「松茸狩り」と書かれた看板やのぼりがあちらこちらで見られるようになります。
そのようなところでは松茸の香りがなんとなく漂ってくる気がするものです。
また、この時期には松茸だけでなく、秋の味覚である栗、しいたけ、りんごなども収穫時期を迎えます。
空高く、馬肥ゆる秋ですね。
梨狩りなども既に始まっているところもありますね。

松茸狩りなら関西は京都・兵庫、関東は長野・栃木へGo!

松茸狩りで有名なのは、関西です。
関西でも京都府や兵庫県で、昔丹波と呼ばれた地域全体に広がっています。
丹波篠山はいのししなべでも有名ですが、松茸の産地でもあるのですよ。
関西には、松茸狩りのポイントがいくつもあります。
それも大阪、京都、神戸などの都会からそれ程遠くないところにありますから、車のある人はすぐに行くことができますね。
関西では、ほんの梅の里とか、藤の坊さんだ山荘などが有名な松茸狩りができるところです。
両方とも泊まれますので、松茸尽くしの料理が食べられます。
楽しみ倍増ですね。

一方、長野県も松茸狩りの本場になります。
長野県内にはいくつかの松茸狩りの出来るところがあります。

松茸狩りに長野で行くなら

テレビの大河ドラマで有名になった真田氏の居城があった上田市や伊那の松川町などには松茸狩りをさせてくれるところがたくさんあります。
その中で、おすすめのところをご紹介しましょう。

長野のスポット例1:別所温泉 別所和苑

例えば、上田市の別所温泉には、別所和苑という松茸狩りの出来るところがあります。
塩田平において初めて松茸小屋を開いたと言われている「城山園」を引き継いだのが、別所和苑です。
松茸狩りの際には、スタッフの皆さんが付いてくれますので、山道も安心して入れます。
多い人では一日に5~6本も収穫する方もいたそうですよ。
松茸狩りを楽しんだ後は、背筋を伸ばしてから美味しい松茸料理に舌鼓になります。
素晴らしい体験が出来ますよ。松茸狩りの入山料は,1000円ですが、後の松茸尽くしのコース料理は10,000円になります。
なお、とれた松茸は買い取ってくれるそうです。
松茸狩りは予約が必要ですので、忘れずに。

住所:長野県上田市別所温泉字城山241
電話:0268-38-8182
最寄駅:上田電鉄の別所線の別所温泉駅 ※連絡すれば、送迎をしてくれます。
松茸狩り期間:9月10日から11月16日まで。期間中は無休。
営業時間:午前11時から夜の午後8時まで。
公式HP:http://waen.co.jp/
公式facebook:https://www.facebook.com/bessyowaenmatsutake/

長野のスポット例2:まつたけ小屋 梅松苑

長野県の下伊那郡松川町には、松茸狩りの産地として、まつたけ小屋 梅松苑があります。
9月末から10月末とシーズンは短いですが、一日10組限定で受け付けてくれます。
ですから、事前予約が必要ですね。
松茸狩りには地元の案内人がついてくれますので、比較的見つけ易いと言われています。
料金は松茸狩りが5,000円からになります。
松茸尽くしのコース料理は9,000円からです。
冬は鹿やいのししのお肉三昧のコースもあります。
なお、松茸だけでなく、キャンプ場やコテージもあります。コテージは一人2,600円で泊まれますよ。
梅松苑は、松茸のシーズンだけでなく、夏はバーベキュー、魚のつかみ取りなどいろいろと楽しめる施設なのです。家族で田舎ならではの体験が出来ます。

住所:〒399-3302 長野県下伊那郡松川町生田6009
電話:0265-36-7100 FAX 0265-36-7102
松茸狩り期間:9月末から10月末。一日10組限定。事前に要予約。
公式HP:http://baishoen.com/

長野のスポット例3:山田壮

山田壮も上田市にある松茸小屋です。
山々に囲まれた自然豊かな塩田平にあり、空気は抜群にきれいで癒しを求める方にも最適です。
夜は星もきれいでしょうね。
松茸狩りの体験が出来る上に、松茸小屋では自分で採った松茸や特産の松茸をふんだんに使った松茸料理を賞味できます。
シーズンは9月上旬から11月下旬まで松茸狩りの体験が出来ます。
やはり、採れたての松茸は香りも味も抜群です。
完全予約制になっており、15日前までに予約で一日3~4組限定になりますので、早めに申し込みましょう。

住所:長野県上田市山田550
電話: 0268-39-1234 (Tel & Fax兼用)
松茸狩り期間:9月上旬から11月下旬。一日3~4組限定。15日前までに予約要。
公式HP:http://www.hi-yorokonde.com/detail/index_1315.html

松茸狩りに関西で行くならどこがいい?


松茸狩りの本場と言えば、関西です。
兵庫県から京都府にかけてのかっての丹波と言われるところにはさまざまな松茸狩りのスポットが点在しています。
その内から二つほどご紹介しましょう。

関西のスポット例:藤の坊 さんだ山荘

兵庫県の県央の三田市にある「藤の坊 さんだ山荘」は山の自然にどっぷりと浸かった料亭で、松茸狩りとすき焼きや松茸を使った料理がセットになったコースがあります。
松茸狩りはその体験が何とも言えない爽やかさをもたらしてくれますが、松茸が見つかるかはわかりません。
運次第というところでしょう。
でも、澄んだ空気の山中で必死に松茸を探していますと、普段の生活の煩わしいことをすべて忘れられて、極上の癒しを味わえます。その上に、極上のすき焼きや松茸料理に舌鼓を打てば、言うこと無しですね。
運良く、松茸を見つけることが出来れば、無料で持ち帰りが出来ます。
シーズンは10月初旬から11月中旬までになります。
料金は、松茸狩りとすき焼きコースのセットで12,000円から19,000円になります。

住所:兵庫県三田市志手原861-1
電話:(079)563-1112(電話FAX兼用)
最寄駅:JR宝塚線の新三田駅から車で5分とアクセスも抜群です。
松茸狩り期間:10月初旬から11月中旬
公式HP:http://www.fujinobo.com/sanda/

関西のスポット例:ほんの梅の里

京都府の亀岡市の温泉地にある宿泊施設です。
かっての明智光秀の居城があったのが亀岡です。
京都市内から山一つ越えたところにあり、のどかな山の自然に囲まれた宿泊施設で、温泉にも入れます。
学生さんやなどのゼミや合宿としても使われているようです。
京都の嵯峨駅から亀岡までは秋のシーズンにはトロッコ列車が紅葉が見事な保津峡に沿って運転され、帰りは保津峡下りで船に揺られながら紅葉を楽しむことが出来ます。
松茸シーズンは、京都でも紅葉のシーズンと重なりますので、宿泊の翌日は京都市内観光をして楽しんで帰られるとよいでしょう。
松茸狩りは松茸入りすき焼きや松茸釜飯とセットになっており、日帰りコースと宿泊コースがあります。
松茸狩りのシーズンは、9月中旬から11月初旬です。
松茸狩りと料理のセットコースは日帰りでは10,000円から11,000円、宿泊では17,000円になります。

住所:京都府亀岡市本梅町中野清水口3
電話:0771-26-3087 FAX:0771-26-3218
松茸狩り期間:9月中旬から11月初旬
公式HP:http://www.honmenosato.com/

松茸狩りに関東で行くならどこがいい?

関東の場合には、梨狩りのように近場で松茸狩りの出来るところは少ないようです。
ちょっと東京からは遠いですが、栃木県の佐野市にあります。

関東のスポット例:唐沢山荘

栃木県の唐沢山の一角にある関東でも珍しい松茸狩りの出来る宿です。
唐沢山は、関東七名城として有名でした。
もともと築城したのは藤原秀郷で、平安時代後期に源氏、平氏と並んで武家の棟梁と言われた武将で平将門の乱の際に将門を討伐したことで有名な人です。
その藤原秀郷を祀る唐沢神社などの観光地としても知られており、ハイキングコースとしても有名になっています。
秋の松茸狩りのシーズンには、もみじの紅葉がきれいで、紅葉を眺めながらの松茸狩りは心洗われる清々しさです。
松茸狩りは事前の予約が必要ですが、必ず松茸が採れるという保証はなく、運次第となります。
ただ、採れなかった場合には1~2本はサービスしてくれるようです。
そして、松茸狩りでお腹がすいたところで、美味しい松茸料理がいただけます。最高ですね。

住所:佐野市富士町1409
電話:0283-24-3211
公式HP:http://www.karasawayama.com/ ※ホームページは唐沢山神社になっています。

松茸狩りでどれくらいの量が採れるのか?

松茸狩りは、たくさん取れたといっても5~6本がいいところです。
表面を見ても判らないようなところに生えていますので、素人にはそう簡単には見つかりません。
特に、傘のすぼんだ美味しい松茸は土の中や、葉っぱが重なって腐葉土になっているようなところにありますから、なかなか見つけられません。注意深く地表を見つめるのがコツでしょう。
1~2本見つかったら良しとしてください。見つかった松茸は、買い取ってもらってその日の晩の松茸コースでいただくのが良いですよ。
5~6本もたくさん見つかった場合は、多少持ち帰るのもいいでしょう。でも、その日の晩に食べるのが一番美味しいですし、美味しく調理してもらえます。

(関連記事)この記事を読んでいる方におすすめの関連記事はこちらもどうぞ。

※ 美味しい新そばが食べたい!そばの有名な長野ではいつが時期なの?

松茸狩りの料金はいくらか

松桁狩りで山に入る料金そのものは、長野県当たりでは1,000円から2,000円程度です。
但し、関西などでは5,000円位する場合があります。

一見すると、関西とその他では、松茸狩りそのものの値段はかなり違うようです。
ただ、関西の場合には、料理とセットのコースがほとんどですので、同じように料理込みの料金で見ますと、関西と他の地域の差はほとんどありません。

旅行として楽しむ松茸狩り

やはり美味しい松茸尽くしの料理を食べないと行った気がしませんよね。
長野県や関東では、東京近郊からはちょっと遠いこともあり、ほとんどの方が泊まりで行くようです。
関西の場合は、近い場所にあるだけに松茸狩りと松茸入りすき焼きなどの日帰りコースの利用者が多いです。

ただ、たいがいの松茸狩りの店は宿泊できるようになっており、松茸のコース料理を出してくれます。その場合の宿泊費は、長野県の場合には食事料金込みで10,000円を少し越えるところが多いようです。
関西などは泊まりになりますと、10,000円台後半になります。
ご家族で秋の記念に松茸狩りの旅行をして、楽しむのがいいでしょう。

松茸狩りの注意点とノウハウ

おいしい松茸の見分け方&保存方法

やはり、松茸で美味しいのは、傘が開ききる前のずんぐりむっくりのつぼみ状態の頃です。開ききってしまいますと、水分が飛んでしまい、香りも逃げてしまうのです。
傘の表面に水気があって、軸や傘の裏が白くて、身がしまっているのが、一番の食べごろです。
また、松茸はすぐに風味が失われてしまいますので、採ったらすぐにお店で調理していただくのが一番おいしく味わえますが、もしも持って帰ったならすぐに食べるようにしてください。
あまりないことですが、万が一取れ過ぎたといううれしい誤算の場合は、キッチンペーパーなどで包んで冷蔵庫に入れておきましょう。2~3日は持つはずです。
でもやはり、多少香りが目減りするのは致し方ないですね。
実は冷凍保存も可能ですので、それについては後ほどご紹介します。

松茸狩りの服装とは

松茸狩りはほとんどが山の中に入ります。
天気も変わり易く、広い山の中で一人になってしまいますと、迷ってしまうこともあり得ます。従って、まず案内のサポートの人からあまり離れないようにしましょう。

また、山の中で動き易いような服装をする必要があります。虫刺されも多いので半そでやショートのズボンは避けた方が良いでしょう。両手を使えるようにバックは肩からかけられるものやリュックにしてください。

松茸狩りはどんなものを持っていくの?

天候の急変に対応できるようにレインコートはリュックなどに入れて起きましょう。
また、山で滑って擦りむいたりする場合がありますので、絆創膏や軟膏などの救急用品も持っていくと何かと安心です。

もう一つ、最後に必要なのが方位磁石です。
山の中で迷った時には役に立つ代物ですので、忘れないようにリュックに入れておいてください。

松茸狩りの松茸を冷凍保存法するコツ

せっかく松茸狩りに行って、松茸は松茸小屋で存分に食べたので、採った松茸は持ち帰りしたけれど、すぐにあの独特の香りがなくなってしまったと言う方が多いようです。
松茸のあの芳醇な香りは長くは持たないのです。
では、あの松茸の香りや風味を長く持たせる方法はないのでしょうか。
基本的には、1~2ヶ月と長期間の場合は冷凍庫で保存することが一番よいようです。
但し、冷凍庫にそのまま入れてしまうのではやはり香りは飛んでしまいます。
まず、汚れている松茸をキッチンペーパーなどでよく掃除してあげましょう。
そして、きれいになったサランラップで二重三重に包んでから冷凍庫に入れて保存します。
これによって、2~3ヶ月は香り、風味まで保存が可能です。

長期間の保存になる場合には、ある程度カットしてアルミホイルに包んでタッパーなどの密閉容器で冷凍保存しておくのもよく、長持ちします。
ただ、いざ食べる時には、解凍しないといけないために水っぽくなってしまいます。従って、焼き松茸などには向いていません。
一番いいのは、凍ったまま、お吸い物や土瓶蒸しにすることです。

また、3~4日後には食べたいと言う場合には、冷蔵庫に新聞紙などで丁寧に包んでいれておけば、それくらいの期間であれば、香りや風味はそれほどは逃げません。
ただ、入れたことを忘れて長期間入れているということのないようにしましょうね。
せっかくの香りも逃げてしまいます。

松茸狩りについての口コミ情報

旅行サイトのじゃらんで栃木県佐野市の唐沢山の松茸狩りの口コミ情報を見てみますと、最高点の5点が多く、評価は高いようです。
例えば、
「国産のマツタケなんてなかなか手に入らないのですが、松茸狩り、幸せですよね。特に見つけた時の喜びはひとしおです。」
などの書き込みがありました。
やはり、見つけるのは大変ですが、見つかった時の喜びは大きいようですね。

(関連記事)この記事を読んでいる方におすすめの関連記事はこちらもどうぞ。

※ 栗の皮の簡単なむき方を教えて!渋皮がめんどくさい!

※ 梨の種類って何が人気なの?種類によってどんな特徴があるの?

まとめ

秋の行楽に松茸狩りはいかがですか。
9月中ごろから11月中旬にかけては、松茸のシーズンであり、各地の産地では松茸狩りののぼりがたくさん立っています。
長野でも上田市周辺や伊那のあたりでは多いようです。
また、関西は松茸狩りが盛んな地域であり、都市部から近いところに山地があり、日帰りで松茸狩りをされる方も多いようです。
関東の場合には、近くにないだけに宿泊しての松茸狩りになってしまいますね。
あの豊穣な香りはやはり秋の味覚です。
たいていは遠出することになりますので、泊まりになりますが、素晴らしい松茸尽くしのコース料理がいただけます。ぜひ、一度ご家族、カップルでの思い出作りにいらっしゃってはいかがでしょう。


 

関連記事