このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket


日本人は世界の中で見ても羞恥心の高い民族らしいです。その中でも思春期の女子ともなると、恥ずかしさを感じる心はピークと言ってもいいかもしれませんよね!

脱毛に関するあれこれの中で、特に恥ずかしいと感じる可能性のある部分をピックアップしてみました。

でも大丈夫ですよ。あなたが思っているほど恥ずかしい事は、ほとんどありません。あらかじめ脳内シミュレーションしてみて、実際に行ってみたらそれほどでもなかったな~と思うような事ばかりです

みんながどんな所を気にしているのか、ご紹介してみましょう。

 

恥ずかしい理由はいろいろ

恥ずかしいと感じる部分は人それぞれです。もちろん、恥ずかしさを感じる度合いも人によって違います。例えば、ある人は自分の体形に自信がないのに服を脱いで施術を受けなくてはならないのが恥ずかしい。他のある人は、剛毛を見られてしまうのが恥ずかしい。その他にも、お腹の出具合、贅肉の部分など、自分がコンプレックスを持っている箇所のうちで普段はあまり人に見せない部分が恥ずかしいという事がありますよね。

そうでなくてもそもそも、全身脱毛になると、家族以外には絶対に見せた事のないような部分を他人に晒すわけですから、ワキやVIOなんてどうしよう!と思って躊躇しますよね。それは当然だと思います。

また、見せるだけではなく、そもそも紙ショーツをつけられるとはいえ、濡れてきてしまったらどうしようとか、自分の体臭が臭ったらどうしようとか、気になり始めたら様々な事が関連して恥ずかしい感情が湧き出てくるかもしれません。

でもサロンの人はさすがにプロです。何百人、あるいは何千人の人を施術してきていますので、ものすごくたくさんの経験があります。何があろうといちいち反応せず、淡々と処理をしてくれますし、恥ずかしい気持ちはものすごくよくわかってくれます。

悩みや恥ずかしさは人それぞれですので、施術をする前からあまり悩まなくても大丈夫なのです。

こんな恥ずかしさが気になったら

その1:VIOで股を開いたりするのが恥ずかしい

VIOを処理する時って股を開くのかな?と漠然とイメージしてしまいますよね。

大丈夫です。実際には、ベッドの上で片膝を立て、施術しやすいように外側へ倒して紙ショーツを少しずつずらしながら行います。生まれたままの姿をすべて晒すわけではありませんので、産婦人科で子宮検査を行うほどは恥ずかしくありません。

何人もの人を見てきたプロの施術士が行うわけですから、医者にみてもらうのと同じだと思えばまったくの他人に見られるという恥ずかしさも軽減します。

脱毛の施術中はどんな服装やかっこうをするの?VIOが恥ずかしい

その2:ニオイがしないか心配

汗の分泌がさかんな未成年のうちは、ワキ汗や足の臭いなどがしないか気になりますよね。学校帰りにサロンに寄る予定なら、体育があった日はどうしようとか、夏場は着替えて行った方がいいの?など悩みの元になるかもしれません。

ニオイに関しても、プロは慣れています。でも、自分でも臭うならどうしても気になる所でしょうから、あらかじめ除菌シートなどを用意しておき、足やワキを拭いておくと安心です。

また、可能ならシャワーを浴びたり、ビデで綺麗にしておくなどの工夫ができると良いですね。

脱毛する日はどんな服装がいいのかな?

その3:紙ショーツが濡れたりしたら恥ずかしい

VIO部分がしっとりしてくると、まるで自分がエッチな事を考えているかのように受け取られると猛烈に恥ずかしいと思っている女子高生は割と多いです。でもそれは間違った知識です。

VIO部分が濡れてくるのは、オリモノのせいかもしれませんし、汗やその他の分泌物かもしれません。誰でもそういった分泌物はありますし、普段意識していないだけで結構普段から何もしなくても濡れているものなのですその量も人それぞれですし、そもそもサロンの人はそこは気にしていません。

ジェルを塗る場合は、紙ショーツが濡れたとしてもそれがジェルなのか分泌物なのか区別もできませんし、そもそも濡れる事自体恥ずかしいものではなく、あたりまえだと思っていて良いのです。

その4:剛毛すぎて恥ずかしい


自分のムダ毛の剛毛がコンプレックスで脱毛したいのに、いざ人に見せるとなると消えたいくらい恥ずかしい・・・なんていう人も結構いらっしゃいます。

でも、そこは本当に心配いりません。自分が思っているほど剛毛ではないというパターンも多いですし、そもそもびっくりするくらい濃い人なんて、山ほどいますサロンの人はいちいち驚いたり変な感想を言うような事もなく淡々と作業を進めてくれますし、恥ずかしい気持ちにはしっかり寄り添ってくれます。後で「今日はすっごい剛毛の人が来たのよ」なんて話にもなりません。

ムダ毛に悩んでいる人が来る場所なのですから、そこはもう最大限に配慮してくれます。

その5:変な声が出ちゃったら恥ずかしい

肌を触られるとビクッとなってしまったり、急な刺激に驚いて妙な声が出てしまったりってことを心配されている方も結構多いです。特に少し感覚に過敏さがある人は大変ですよね。

ただ、これに関しても女性の体をたくさん触ってきているプロの施術士さんはまったく気にしません。どんな声や反応でも、淡々と作業をし、施術前と後で態度が変わるなんてことは全くありませんよ。

あなただけが特別なのではありませんよ


脱毛する箇所は、他人にはあまり見せない部分でもあるし、他人のそこを見ることもめったにありません。そのため、「私だけが特別にこんなに〇〇なんじゃないか」という思いにとらわれがちです。

でも、あなたの身体だけが特別にできていることはありません。だれも同じです。

それに脱毛サロンは、ムダ毛に悩んでその悩みを解消しにいくところ。みんなが同じ格好をしたり、同じようなムダ毛の濃さに悩んでいたり、様々な恥ずかしさを乗り越えてきれいになっています。

口コミなどを見ていても「そのうち恥ずかしくなくなった」という人がほとんどです。「恥ずかしさのあまり、途中で通わなくなった」という口コミは見たことがありませんからね。

また、サロンのスタッフも脱毛経験者がほとんどですので、その恥ずかしさはよくわかっています。だからこそ、あなたがなるべく恥ずかしくないように、リラックスして施術できるように色々と声をかけてくれたり、気を使ってくれます。それもプロとしてのお仕事ですので、心おきなくお任せしてしまいましょう。

大丈夫!

あなただけではないので、きれいになってからの楽しい毎日を想像してぜひチャレンジしてみてくださいね。

これから脱毛にチャレンジしたい!と考えている人はこちらも参考にしてみてくださいね。

脱毛するとどうなる?もう毛は生えてこないのか

脱毛に保険証は必要?医療脱毛は保険適用?

サロン脱毛したその日にツルツルになるの?

その他の疑問はこちらから確認してみてくださいね ⇒ 脱毛の基礎知識

 

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket


 

関連記事