脱毛でツルスベ肌になろう♪と思ったら、脱毛後にブツブツが出た~!

そんなときでも慌てない対処法とブツブツの原因とは?

 

脱毛後のブツブツとその原因は?

二の腕によくできやすいブツブツとして有名な毛孔性苔癬。これは、もともとできていたとしても、医療レーザー脱毛をすると一緒に治療もできてしまうといわれています。

ところが、脱毛後にブツブツができるということもあります。

赤いブツブツの原因の多くは脱毛器の照射レベルや出力が高すぎたことによるヤケド。どちらかといえば光脱毛後に起こることが多く、冷やしてしっかりと保湿することで早く治まります。光脱毛よりも刺激の強い医療レーザー脱毛では、光脱毛と同じヤケドの可能性もありますが、雑菌が入り込んで毛嚢炎が起きている可能性もあります。

ヤケドも毛嚢炎も、光脱毛・レーザー脱毛ともに起きる可能性はあり、そのほかに考えられるものにはじんましん光アレルギーがあります。

それぞれ症状に特徴があり、赤いブツブツの正体を見極める目安としては次のようなポイントです。

ブツブツの正体を見分けるポイント

・ヤケド:脱毛から数時間後にブツブツが出てきてヒリヒリする
・じんましん:脱毛直後からブツブツが出てかゆみがある
・毛嚢炎:脱毛後1週間してもブツブツが消えない

黒いブツブツは処理しきれなかった埋没毛ですから、ターンオーバーが進むことで自然と排出されて消えていきます。埋没毛である黒いブツブツはワキやVIOなどの太い毛が生える部位で比較的起こりやすく、雑菌が入りこむ毛嚢炎は皮脂が多くムレやすいなど雑菌の繁殖しやすい部位にできやすい傾向があります。

ただし「どの部位だから必ずできる」「どの部位だから絶対にできない」ということはありません。

その他の副作用もしっかり原因をチェック&対策を!

脱毛後の蕁麻疹やかゆみを防ぐにはどうしたらいいの?

ブツブツができた時の対処法

赤いブツブツには清潔と保湿

ヤケド・毛嚢炎などが考えられる「赤いブツブツ」。

ヤケドの場合には冷やしてしっかり保湿するほか、サロンやクリニックに相談して炎症止めのクリームなどを処方してもらうという方法があります。

毛嚢炎ができてしまった場合には清潔に保つだけでなく、入ってしまった雑菌に対処する必要があります。皮膚科を受診すると抗真菌薬やステロイド剤・抗生物質など症状に合わせて処方してくれますから、医師の指導のもと治療していきましょう。

「ヤケドだから大丈夫」と思っていたらそこに雑菌が入り込んで毛嚢炎に、ということもありますから、赤いブツブツができたときには注意したいですね。

黒いブツブツには専用クリームも

埋没毛である黒いブツブツは肌のターンオーバーによって自然と排出されるため、ビタミンCやA、B6などの栄養や睡眠に気をつけると良いでしょう。

ビタミンCやAには古くなった角質をはがれやすくするなどターンオーバーを助ける働きがあります。

ビタミンB6には肌の細胞を活性化して新陳代謝を促す働きがあります。

もちろん栄養素は相互に影響して働く性質がありますから、これらのビタミン類だけでなくバランスよく食べることが大切ですね。

また肌に限らず細胞の再生やさまざまな調整が寝ている間に行われるヒトの体。ターンオーバーを促すには、質の良い睡眠をしっかりとることも気をつけたいですね。

セルフケアはダメ?脱毛後のブツブツ対処法

脱毛後のセルフケアは必須

脱毛後に自宅でできるセルフケアとして、必須なのは保湿清潔

ただし清潔といっても硬いナイロンタオルなどでいつも通りゴシゴシ・・・というのは脱毛後の肌には危険です。身体を洗う時には、手ややわらかいタオルで洗ったり低刺激の石鹸やボディソープを使うなど、ダメージを避けるよう気をつけましょう。

もちろんダメージができているときに、サロン脱毛よりさらにダメージが強いムダ毛の自己処理は厳禁です。
熱による刺激を受けた直後ですから、施術した当日は湯船には浸からずシャワーで済ませる方が安心です。

脱毛後おススメの保湿ケア

また保湿効果の高い尿素配合のクリームは、普段より念入りな保湿ケアが必要な脱毛後にはオススメです。

ただし尿素配合のクリームで注意したいのは、その配分。

脱毛の施術によって一時的に肌のバリア機能が低下している状態では、配合されている尿素の配分が多すぎることでそれがかえって刺激となり逆効果になってしまうことも。小さな子供にも使える少なめの配分のクリームもありますから、そうしたものから試してみると良いでしょう。

美白ケアを併用するとベター

Vゾーンなどの黒いブツブツ向けの専用の美白クリームもあります。保湿作用もあり、ダメージや乾燥に肌が対処しようとして作り出してしまうメラニンを抑える作用もありますから、黒いブツブツだけでなくダメージによる黒ずみも防いでくれます。

こうしたクリームが欲しいな、という場合には施術を受けたサロンやクリニックで相談してみましょう。

もともと、ビキニラインの黒ずみに悩んでいると言う方は、脱毛を始める前から市販の美白ケアを始めておくといいですね。色素沈着が強い部位は脱毛の痛みが強く出やすく、程度によっては状態が軽くなるまで脱毛ができないということも。

> 脱毛後のケアでトラブル防止!正しいケア方法と9つのNG集

未成年の脱毛は何歳から可能なの?身体への影響が心配かも

ベストな対処法は「まず相談」


脱毛後には清潔に保ちしっかり保湿することが必要な肌。

しかしブツブツができてしまったときには、一番するべきことは施術を受けたサロンやクリニックに相談することです。

ヤケドや埋没毛など、大げさに気にしなくても大丈夫な場合もありますが、ヤケドだと思っていたら毛嚢炎だった、ということもあります。また稀に光アレルギーやじんましんだった、ということも。

それらの診断を自分で正確にするのは難しいですよね。ましてその判断が間違っていれば必要な手当ができずに悪化させてしまう可能性も、じゅうぶんにあり得ます。

ブツブツができてしまったら、まずは脱毛の施術を受けたサロンやクリニックに相談し的確なケアをすることが、悪化させずに早く治すにはベストな対処法と言えるでしょう。

これから脱毛を考えているのなら、こちらの記事も参考にしてね。

効率いい脱毛頻度はどれくらいの間隔?早く行けば早くできる?

脱毛コスパ比較!人気サロン比較してみたよ

脱毛前の剃り残しどれくらいからNGなの?上手な剃り方は?

その他の脱毛に関する疑問や不安はこちらもどうぞ。 ⇒ 脱毛の基礎知識

 

 


 

関連記事