脱毛の副作用
安心安全と謡われる光脱毛ですが、身体に何らかの刺激を与えたりする行為は、副作用やトラブルがないとは言い切れません。実際に、過去には様々なトラブル事例が報道されています。

どのくらいの副作用とか危険度があるのかあらかじめ知っておき、いざという時に慌てずに対処しましょう。

2017年の国民生活センターのアンケートでは、約7割の人が副作用について事前に説明を聞いていないまま施術をうけていたという事が発表されています。光脱毛の仕組みから想像できる事もありますが、改めて可能性のあるリスクを確認しておきましょう。

しっかり全身脱毛するのなら、長期間取り組むことになりますので、しっかりと知識を付けておきましょう。

光脱毛は何回くらい通えば完了するの?何年も通うって本当?

サロン脱毛で毛が抜ける仕組みは?永久脱毛できるの?

光脱毛の後の毛の抜け方は?いつ頃抜けて抜けない毛はどうなる

 

炎症

光脱毛は、そもそも毛根付近にある組織に光を集めて熱ダメージを与える仕組みになっています。

そのため、最も多く発生する可能性があるのが、肌の炎症です。

熱を発生させているのですから、当然日焼けのようなヒリヒリとした痛みを感じます。サロンで使っている光が弱く痛みもさほどないとはいえ、肌が熱をもっている間はしっかりと患部を冷やさなければなりません。施術後にローションなどでしっかり保湿を兼ねて冷やし、肌を隠して紫外線に晒さないように気を付けましょう。

軽いかゆみや赤くなるなどの症状が現れたら、まずはしっかり冷やしておけば悪化はしにくいです。もし悪化したら、病院を受診して軟膏などを処方してもらいましょう。

サロンによってはクリニックと提携している場合もありますし、クリニック脱毛であればクリニックが軟膏を渡してくれることもあるようです。

火傷

脱毛の副作用は?
黒いメラニン色素に反応する光を使っている場合、ほくろやシミがあるとその部分が火傷になってしまう事もあります。

ニュースなどで火傷のトラブルが・・といった場合はこのパターンの事もあります。炎症の事を指す時もありますが、ここでは炎症以上の火傷の事をご説明します。

サロンの施術方法にもよりますが、間違って必要以上に熱を与えてしまうと皮膚を傷める事になります。

火傷を予防するためには、光のパワーを強くしすぎない事と、一か所に集中して長く照射しないようにする事が第一です。

注意

大抵のサロンでは、その日の利用者の肌状態を見たり、日ごろの施術後の状態を見ながら、その日の照射出力を調整します。もちろん、照射の出力は強い方が脱毛効果は高いのですが、だからと言って無理に強くしてくださいと要求してしまうと、こうしたトラブルを招きかねませんので、無理は言わないようにしましょう。
また、うっかり日焼けしたまま施術した場合もメラニン色素に反応して必要以外の部分に熱が集まる場合があります。日焼けしないよう日頃から注意する事と、してしまった場合はしっかり施術前に申し出る事です。

光の波長や種類によっては日焼けしても安全なものもありますので、施術者と相談しながら光を当てるようにしましょう。

毛嚢炎

脱毛の副作用:毛嚢炎
出典 https://la-coco.com/datsumo/cuase-and-measure-of-folliculitis/


毛嚢炎は、ニキビのようにふくらむ白、または赤のブツブツのことです。

光脱毛によって毛包が傷ついたあと、肌に常にいる菌に感染する事があります。これがもとでブツブツしてきてしまうのですが、顔や背中などの脂分が多めの所に出やすいようです。これが出た場合は、病院にかかってニキビ治療同様に適切な処置をしてもらいましょう。予防としては、できるだけ汗をかいたらすぐにシャワーを浴びるとか、こまめに着替えるなどして清潔を保つようにするとかなり防げます

硬毛化

脱毛の副作用:硬毛化
出典 http://alpha1219.blog.fc2.com/blog-entry-75.html


硬毛化は、自己処理した人にも見られる現象ですが、その名の通り毛が硬く濃い毛に見える状態です。脱毛する前よりも濃く、太いように感じられるのですが、原因ははっきりとしていません

光脱毛の場合、ほとんどの場合は少しずつムダ毛が薄くなっていくのですが、稀に濃くなってしまう人もいるのです。

弱い光を使う事で逆に毛根組織が活性化されているという説もありますので、可能な限り強いパワーでの施術を行う事で防げるかもしれません。とは言え、強いパワーは先ほど紹介した通り火傷の原因にもなりますので、あまり強すぎる出力もよくありません。

また、一旦硬毛化した毛に弱い光を当てると案外スルッと抜けてしまう事もあるようですので、気にしないで次の施術をこなす事が一番なのかもしれません。

多毛化

硬毛化同様、原因不明の状態なのが多毛化です。毛穴の数は決まっているので毛の本数が増えるわけがないのですが、本来細かった毛が太く生えてきたりたために、脱毛前よりも脱毛後の方が毛が多くなってしまうと感じられる現象の事を指します。

硬毛化に対応しているレーザーなどもありますので、どうしても気になる方は光の出力の高いもので脱毛する方が良いかもしれません。まずは施術者にしっかり相談してみることが解決への第一歩です。

もともと多毛症なら、医療脱毛は保険適用できる?

汗が出る

脇のムダ毛を処理した時によく起こると言われていますが、ムダ毛が減る事で、汗の分泌量が増えたというよりは汗が流れるのを感じやすくなっただけの状態です。ワキ毛が無くなったからと言って、汗の量が増えることはありません。

清潔さを保ち、制汗シートなどを使ってこまめに汗を拭きとるようにしましょう。

痛みは副作用というよりはメイン作用?

脱毛の副作用は?
サロンで行われる光脱毛は、クリニックで行うものよりも格段に痛みが少ないとはいえ、まったく感じないわけではありません。

しかも、使われている機材によって痛みの度合いも違いますし、その日の施術に使ったパワーによっても変わります。痛みに敏感な人は、毎回チクチクジンジンしているとストレスになってしまいますよね。

施術後にしっかり冷やす事と、普段から保湿をしっかりしておく事である程度和らげる事はできますが、まずは痛みがどの程度軽い機材を使っているのかをカウンセリング時に確かめておきましょう。

サロンによっては、カウンセリングの際にテスト照射をしていたり、数百円で部分脱毛ができるサロンも増えていますので、それらを利用してみて自分が耐えられる痛みのサロンにするのもいいかもしれません。

予め不安な事はなんでも施術者に相談し、納得の上で安全にツルツルお肌を目指したいものです。

これから脱毛を考えている方には、こちらの記事もおすすめです。

脱毛するとどうなる?もう毛は生えてこないのか
脱毛するとどうなる?脱毛後のメリットデメリットを考える
脱毛したい高校生はこの記事を親に見せてみて

脱毛の基礎知識に関してはこちらからもどうぞ ⇒ 脱毛の基礎知識


 

関連記事