距離をドライブで移動するとき、夜になって車の中で眠っても、なかなか疲れがとれませんね。

高速道路を降りてまでホテルを探すのも、時間がかかります。

 

でも、サービスエリアやパーキングエリアにホテルが備わっていたら、どうでしょうか?

館内の温泉や部屋のバスにゆっくりと浸かって、のびのびと体を横たえて眠れますから、疲れも吹き飛びます。

翌朝は、すぐに高速道路に出て行けます。

 

安全運転のためにも時間の節約のためにも、ハイウェイホテルは役立ちますね。

 

(関連記事) この記事と併せて読むならこちらの関連記事もどうぞ。

サービスエリアで宿泊?意外とある!ホテルやロッジ、仮眠室まで

足柄サービスエリアで宿泊はできる?評判はいいの?

東北道を車で旅しよう!温泉、宿泊、充実のサービスエリアを紹介

 

ハイウェイホテルとは?

高速道路のパーキングエリア(PA)やサービスエリア(SA)に隣接していて、インターチェンジから降りることなく宿泊できるホテルです。

全国には、6箇所あります。

 

ハイウェイホテルに宿泊すると、高速道路の深夜割引が適用され、高速料金が安くなります。

長距離を移動する場合、いったん高速道路を降りてホテルに宿泊するよりも、SAやPAのホテルに宿泊する方が、時間の上でもコストの面からも、有利です。

 

SA、PAに隣接していますが、一般道からも利用できますので、高速道路を利用していないお客さんも宿泊できます。

ですから、徒歩でホテルの外に出ることは可能です。

しかし車でSA・PA外に出ることはできません。

 

なお、ハイウェイホテル内では、お酒類は一切売っていません。

 

全国のハイウェイホテル


 

足柄SA(東名高速道路・上り線)

足柄SAには、「レストイン時之栖(ときのすみか)」があります。

炭酸泉大浴場、マッサージチェアがあり、ドライブの疲れを癒やせます。日帰り入浴も可能です。

 

素泊まりですが、SA内の飲食店や、ホテル内のレストランを利用できます。

ホテルには、地元の人気店がレストランを出店しています。

野菜直売所では、新鮮な野菜を買うこともできます。

 

上り線にありますが、下り線を利用している人は、下り線への迎えをしてくれます。

 

レストイン時之栖は、静岡県内に多数のホテルや温泉施設を展開している「株式会社時之栖」が経営しているので、それらのホテルと同等のサービスを受けることができます。

 

多賀SA(名神高速道路・上下線)

多賀SA(EXPAS多賀)には、「レストイン多賀」があります。

大浴場が完備された宿泊施設です。

全室禁煙です。

館中には、24時間営業のコンビニがあります。

 

宿泊者でなくても入浴や休憩ができますので、運転に疲れた時には利用したいですね。

ホテルは、多賀SA下り線にありますので、上り線で駐車した人は、歩道橋を渡って下り線移動しなくてはいけません。

 

レストイン多賀は、中部地方に多数のホテルを経営している「グリーンズホテル」が運営しています。

 

佐野SA(東北自動車道・上り線)


 

佐野SAには、「ファミリーロッジ旅籠屋 佐野SA店」があります。

ホテルは上り線にありますが、下り線からでも利用できます。

下り線から来る場合は、下り線に駐車して、徒歩で階段を上ってホテルに行くことになります。

 

ファミリーロッジ旅籠屋(はたごや)」とは

アメリカのモーテルをモデルに、リーズナブルな価格で、気軽に泊まれるロードサイドホテルを全国各地に展開している「株式会社 旅籠屋」が運営するホテルです。

朝食は無料ですが、夕食や温泉はなく(もちろん普通の浴室はありますよ)、余計なサービスを提供しない代わりに料金を安く設定しています。

 

1部屋いくら、という料金設定ですが、宿泊する人数によって料金は変わりますし、曜日や季節によっても異なります。

一部の客室ではペットとの宿泊もOK!というのは、愛犬家・愛猫家には嬉しいですね。

 

宮島SA(山陽自動車道・上り線)

宮島SAには、佐野SAのハイウェイホテルと同じ系列の「ファミリーロッジ旅籠屋 宮島SA店」があります。

世界遺産、厳島神社の観光に役立つホテルです。

 

壇ノ浦PA(関門自動車道・下り線)

壇ノ浦PAには、「ファミリーロッジ旅籠屋 壇ノ浦SA店」があります。

多賀SA、足柄SAに次ぐ、国内で3番目にできたハイウェイホテルです。

ホテルの詳細に関しては、佐野SAと同じです。

 

壇ノ浦PAは下り線専用のPAですので、ルートをよく考えて利用してください。

 

吉野川SA(徳島自動車道)

2017年の7月7日に「ファミリーロッジ旅籠屋 吉野川SA店」がオープンしました。

吉野川ハイウェイオアシスには、キャンプ場やバンガローはあったのですが、普通のホテルはありませんでした。

しかし、ファミリーロッジ旅籠屋がオープンしたことで、気軽に宿泊できるようになりました。

 

(関連記事) この記事と併せて読むならこちらの関連記事もどうぞ。

サービスエリアで宿泊?意外とある!ホテルやロッジ、仮眠室まで

足柄サービスエリアで宿泊はできる?評判はいいの?

東北道を車で旅しよう!温泉、宿泊、充実のサービスエリアを紹介

 

宿泊できるハイウェイオアシスもある

ハイウェイオアシス」とは、SAやPA に連結されていて、高速道路を降りずに周辺の公園などに行くことができる施設です。

SAやPAの駐車場に車を停め、徒歩で高速道路外のレストランや温泉、公園などに行く、というイメージで捉えてください。

 

ハイウェイオアシスには一般道から入ることもできるため、高速道路を利用していない外部のお客さんも来て利用できます。

一般客も利用できるようにすることで、単なるSAやPAでは作れないような、多様で豪華な施設が実現しました。

 

たとえば、伊勢湾岸自動車道の刈谷ハイウェイオアシスには、観覧車やゴーカート、メリーゴーランドといった遊園地のような施設も作られています。

中には宿泊施設を備えたハイウェイオアシスもありますので、そこではハイウェイホテルと同様に、高速道路を降りずに宿泊できます。

宿泊できるハイウェイオアシスには、次のようなところがあります。

 

吉野川SA(徳島自動車道)

吉野川SAに併設された吉野川ハイウェイオアシスには、キャンプ場バンガローログハウスが備わっていて、バンガローやキャンプ場のテントで宿泊ができます。

テニスコートや、バーベキューもできる共同炊事場などもあります。

 

子どもが遊べる遊具のある「ふるさとゾーン」、イベントの開かれる野外ステージや、お土産を販売する「ふれあい館」など、家族で訪れたいスポットです。

旅の途中で立ち寄るというより、ここを目的地にしてもいい場所とも言えます。

 

なお、ここには2017年に、ハイウェイホテルの「ファミリーロッジ旅籠屋 吉野川SA店」も建設されました。

 

城端SA(東海北陸自動車道・上下線)

城端SAは、「桜ヶ池ハイウェイオアシス」として整備されました。

城端SAの駐車場に車を置いて、徒歩1分で「桜ヶ池クアガーデン」に到着します。

 

桜ヶ池クアガーデンの中には、宿泊施設はもちろん、天然温泉やサウナ、プール、トリートメント(パックや、マッサージなどを受けることができる)施設もあり、ゆったりとした気分でリラックスして過ごせます。

 

新井PA(上信越道)

ハイウェイオアシスの第2駐車場から「スーパーホテル新井・新潟」へ、歩いて行くことができます。

施設内には、天然温泉の大浴場もあります。

 

(関連記事) この記事と併せて読むならこちらの関連記事もどうぞ。

サービスエリアで宿泊?意外とある!ホテルやロッジ、仮眠室まで

諏訪湖サービスエリアに温泉!気になる口コミは?

 

まとめ


 

長時間の運転は、とても疲れます。

高速道路を降りずに泊まれるホテルがあれば、心身の休養ができますね。

安心・安全のためにも、コストや手間の面から考えても益の大きいハイウェイホテルを、うまく利用しましょう。

 


 

関連記事