美容脱毛をしていると、長期間になりがちですよね。その間にピアスを開けたくなってくる人も当然いらっしゃると思います。また、既にピアスをしているけれど、施術中はどうすればよいのか微妙に疑問ですよね。

どんなときでも外さなければならないものなのか?どういう事に気を付ければ穴を開けられるのか?

など気になるあれこれをまとめてみました。

他にもこちらも参考にしてみてくださいね。

>>脱毛した後ヘアカラーしても大丈夫?脱毛前にした方がいいの?

>>脱毛後に肌がブツブツになった!どうすればいいの?

 

ピアスをしたまま脱毛はできる?

ピアスは基本的にはずしたほうが良い

ピアスをしてサロンへ行くと、大抵カウンセリング時などに注意事項として説明されますが、施術中は外しておく方が良いです。

全身脱毛の場合は特に、顔やうなじなど耳に近い部位を施術しますよね。また、ボディピアスをしているなら、耳よりもさらに近い場所を施術する可能性が高いです。そして顔以外の部分を施術する時も、安全面や羞恥心への配慮のためなどでタオルを顔に被せてくれる事があります。その時に耳ピアスをしているとひっかかりやすくなります。タオルを傷める原因にもなりますし、ひっかかりを取るために悪戦苦闘していると余分な時間がかかってしまい、短い施術時間がさらに短くなってしまいます。

初めてで外し慣れていないとかどうしても自分では外せない理由があるようなら、スタッフに気軽に相談してみましょう。

ピアスをすると危険な理由


ピアスという、体とは違う物質があることで光脱毛にどう影響するか知っていますか?

施術をする時にサロンで使われている光は、様々な派長があります。中には拡散しやすい種類のものもありますので、金属などの反射しやすいものは身に着けない方が脱毛効果が高まります

また、光をピアスが吸収し、思わぬ熱の発生源にならないとも限りません。いらない怪我や火傷を防ぐためにも、余計なものは何一つ身に着けず、生まれたままの体で施術を受ける方が安全なのです。

これは、コンタクトレンズや指輪でも同じことが言えます。

脱毛の仕組みがいまいちわからないと言う人は、まずは脱毛の基本的な仕組みを確認しておいてくださいね。そもそも光脱毛に向いていない人もいます

>>サロン脱毛で毛が抜ける仕組みは?永久脱毛できるの?

>>脱毛できない人・向いていない人はどういう人なの?

ピアス穴をこれから開けたい

穴が完成するまでは施術NG!なサロンがほとんど

ピアスホールは、簡単に言えば体に穴を開け、傷口がまるく穴が開いた状態で塞がって初めて完成します。そのため、個人差もありますが凡そ1ヶ月くらいはピアスを外さずに穴が完成するのを待ちますよね。この間、言ってみれば該当箇所には、傷がついている状態になっています。皮膚が綺麗に丸い形を残して綺麗に塞がったあとで、ピアスを回しても痛みを感じず、化膿もしていない状態になって初めて完成と言えます。

完成するまでは施術をNGと各サロンが言っているのは、他の部位でも肌が荒れていたり傷がついていると施術できないのと同じ意味があります。いくら小さくて場所が施術該当箇所とは違うと言っても、施術ヶ所に近ければ影響が出ます。また、完成するまではピアスを外せませんよね。うっかり外して数時間後に見てみると塞がってしまうという事もあり得ます。でも、場所によってはピアスを外せなければ施術できない事は前に書いたとおりです。特にボディピアスを開けたいなら、脱毛が完了してからの方が良いでしょう。

場合によっては光脱毛の副作用もあります。しっかりチェックして肌トラブルを起こさないような準備をしておくことが、きれいな脱毛肌を手に入れる基本です。

>>脱毛で副作用ってあるの?知っておきたい原因と対処法

>>脱毛当日までの準備や注意事項は?やり忘れるとキャンセルに

ピアス穴をあけてからどれくらいたてば施術できる?


脱毛をこれから始めようと思っているけれど先にピアス穴を開けてしまったなら、まずは一ヶ月ほど様子をみてください。個人差がありますので、必ず一ヶ月経てば施術できるわけではありません。ファーストピアスを取ってよいと言われるくらいになり、ピアスをくるくる回しても痛みもなく、出血もなく体液も出ない、化膿もしていない状態になればほぼ傷は癒えていると思われますので、そうなればピアスをはずし、施術を受ける事も可能です。

ピアス穴の肉がまだファーストピアスにひっついたままの状態であれば、余計な肌トラブルや化膿、炎症の可能性も出てきますので、しっかりピアスから肉が離れて皮膚が穴を開けた状態を形づくるように形成されて初めて安全だと言えます。

施術と関係ない場所のピアスもダメ?

サロンによっては、ひざ下の施術時は耳ピアスはOK、ボディピアスをしていても顔脱毛だけならOKなど臨機応変に対応してくれる所もあります。施術場所と遠く、光の影響がほぼない所なら、ピアスをしたままでもOKとしてくれる可能性もあるからです。

もちろん、ピアスによる肌の傷の有無は施術場所に該当しなければ関係ありません。ただ、近いと問題も出てきますのでいずれにせよスタッフに一度相談はしておきましょう。

小さなことでもスタッフに相談して安全に施術しよう


ピアス穴を開けるとなると、施術と関係なさそうだと思っても意外な理由で断られてしまう事もあるかもしれません。また、このピアスは外した方が良いのかとか、離れた場所にあるものはどうすれば良いかとか、常識かもしれなくて聞くのをためらうような小さな疑問でも、しっかりしたサロンなら誠実に答えてくれます。

どんなに関係なさそうな事でも、疑問に思ったならなんでもスタッフに相談してみましょう。

そうすることで自分自身を守る事ができます。恥ずかしがらずに、ちっちゃな疑問でも投げかけてみてください。サロンによってもルールの違いがありますので、基本を抑えた上で確認する事が大切です。

これから脱毛したい!と考えている人には、こちらも参考にしてくださいね。

>>脱毛6回で足りない?回数コースだと6回が多いみたいだけど…

>>脱毛6回で十分に効果を感じる?6回完了後の効果はどれくらいか

>>脱毛にかかる期間は?早く脱毛完了できるサロンは?

その他にも脱毛に関する疑問や不安があればこちらをどうぞ。⇒脱毛の基礎知識

 


 

関連記事