今人気急上昇中のフォトフェイシャル。肌のターンオーバーを促し、いろんなトラブルを一気に改善できるとうわさの、とても嬉しい美容技術ですが、この同じ光でなんと脱毛効果もあるのだとか。それってホントなんでしょうか?

美肌効果ついでに脱毛できちゃえば一石二鳥!

誰もが試したくなるのもわかりますが、実際のところはどうなんでしょうか。クリニックやサロンで行われているフォトフェイシャルの仕組みと、効果を掘り下げて確認してみましょう。

>> 脱毛コスパ比較!人気サロンの費用を比較してみたら・・・

 

フォトフェイシャルで脱毛効果はあるのか

フォトフェイシャルってそもそもどんな仕組みでどんな効果があるのでしょう。脱毛効果があるかどうかは、その仕組みをひも解けばわかってきます。

フォトフェイシャルの仕組み

フォトフェイシャルとは、クリニックやサロンで一般的に行われている美容施術の名前です。別名IPL治療ともいわれていますが、このIPL(インテンスパルスライト)という光を肌に当てると、シミやシワなどの肌トラブルを治療していく事ができるのです。

このIPLの施術の際に、より強い光を当てるのがクリニックで、それと同じ仕組みだけれど医療免許を持たない人でも使える弱い光を当てるのがサロンです。どちらも機械が違うだけで、仕組み自体は同じものです。この違いを分けるために、サロンでは光フェイシャルと呼んでいる所もあるようです。

IPLを当てるとその波長の特性から、肌が活性化し、再生を促します。また、大事なたんぱく質であるコラーゲンの生成も助けます。メラニン色素に反応する特徴もあることから、シミやそばかすなどの黒っぽい部分がダメージを受け、徐々に薄くなってくるのです。そこからヒントを得て、脱毛に応用する事を考え出されたのが現代の脱毛用の機械です。

フォトフェイシャルの効果


IPLはメラニン色素に反応する波長の光のため、特にシミやそばかすの改善に力を発揮します。同時にニキビの原因菌を殺すともいわれています。肌に有効な波長の光だけを顔全体に照射するので、メラニン色素に反応する部分を応用してシミを改善し、コラーゲンなど細胞を活性化させる効果で肌のターンオーバーを促進するなど、一度の施術で複数の肌トラブルに同時に対応できるのです。

肌の生まれ変わりを助けるため、今表面化している毛穴の開きや、毛穴の詰まり、赤ら顔、デコボコなどにも有効な治療法です。つまり肌荒れ全般に、何度か通ううちに効果が表れる治療法という事になります。

これも個人差がありますので、必ずしもすべて改善するとは限らないです。そのため施術をする場合、何度か通う事になります。個人差も大きいものですから、すぐには効果を感じなくても我慢して施術を受けていると、気付くと肌がきれいになった!という口コミも多いのです。

> 脱毛の美肌効果は何脱毛が一番効果アリ?おすすめは?

フォトフェイシャルの脱毛効果

さて、ではフォトフェイシャルに関して、問題の脱毛効果はあるのかないのか。結論から言いますと、脱毛効果はわずかながら、あります。ただし多少脱毛はしますが、フラッシュ脱毛ほどは効果がありません。

そのため、口コミなどを見てもフォトフェイシャルのおかげで産毛なしになって、ツルツルすべすべになったよー!というような内容は見当たりません。

肌はターンオーバーによりツルスベになっても、毛は少ししか抜けない、それがフォトフェイシャルなのです。

フォトフェイシャルの光と脱毛の光は元は同じものという意味では、脱毛効果は確かにあるのです。同じものなのになぜ脱毛効果に違いがあるのか。それは次の章でご説明しましょう。

> 脱毛で美肌効果あり!こんなに嬉しい効果知ってた?

フォトフェイシャルと脱毛の違い


もともと光脱毛の仕組みが作られたのは、フォトフェイシャルなどの光の波長の中に、脱毛に関して有効なものが含まれている事が発見されたことがきっかけでした。そこを応用して、脱毛に焦点を当てて特にそちらに有効な波長の光を研究して作られたのが今脱毛に使われているものです。

言ってみれば、特別にカスタマイズされたIPLを使って脱毛効果を高くしているのが脱毛に使われている光で、美肌効果を高くしているのがフォトフェイシャルに使われている光なのです。

そのため、フォトフェイシャルだけをしていると、どうしても光脱毛用の機械を使っている時ほどは抜ける実感がありません。完全にほぼ永久脱毛に近い状態に持っていこうとしても無理があるのです。微妙に波長もカスタマイズされていますので、逆に美肌効果を狙って顔脱毛をしていても、フォトフェイシャルほどの美顔効果はないという事にもなります。

フォトフェイシャルと顔脱毛のどちらかを通うたびに自由に選択できるサロンもできましたが、フォトフェイシャルだけをしたら顔脱毛ができるなんて事は決して言っていません。わずかながら脱毛効果があるとはいえ、個人差もあることですので、フォトフェイシャルだけの施術に顔脱毛と同程度の効果を期待しない方が良いのです。

フォトフェイシャルは、施術後に化粧をして帰れるほど、光の強さとしては弱い部類になります。対して、光脱毛の後は化粧をすると大変苦痛を感じることもあります。

> 顔脱毛はメイクしたままでOK?ノーメイクじゃなきゃダメ?

このことからもわかるように、フォトフェイシャルでは光の弱さもあって、ごくごく弱い脱毛効果しか期待できないと考えておいた方がよいのです。もしもフォトフェイシャルと顔脱毛をどちらも興味があると言う場合には、こちらも参考になさってください。

フォトフェイシャルと顔脱毛は一緒に施術しても問題ない?

これから脱毛を考えている人は、こちらも参考になさってみてね。

未成年の脱毛は何歳から可能なの?身体への影響が心配かも

脱毛の施術中はどんな服装やかっこうをするの?VIOが恥ずかしい

光脱毛は何回くらい通えば完了するの?何年も通うって本当?

脱毛に関する不安や疑問はこちらから ⇒ 脱毛の基礎知識

 

 


 

関連記事