普段からデスクワークやスマートフォンを触る機会が多いと、目の疲れと共に肩こりや疲れやすい身体になったりと様々な身体の倦怠感を感じるようになりますよね。特に、長い間デスクワークでパソコンとにらめっこするような日常では、前の日十分に睡眠を取ったはずなのに昼間も眠気が消えず、ついうとうとしてしまうなんてことはありませんか?そのような場合、どうしたら改善することができるのでしょうか。原因と改善方法を見ていきましょう。

眼精疲労で頭痛に悩んでいるあなたにおすすめのツボはココ

眼精疲労からくる頭痛、すぐ効く&よく効くツボを教えて!

眼精疲労セルフチェック!すぐできる対処法&治療法

眼精疲労と眠気の関係性

たくさん寝たはずなのに疲れが取れない

目の疲れには、大きく分けて2種類あります。疲れていても一晩眠れば回復する場合は「疲れ目」で、休息や睡眠をとったのにも関わらず症状が残るものを「眼精疲労」と言います。

この眼精疲労は初期症状として、目の痛み、目のかすみ、まぶしさ、充血などの症状から始まり、さらに悪化すると頭痛、肩こり、吐き気などの全身症状が出現することにもつながります。また、疲れ目による不快感がストレスにつながり、自律神経のバランスがくずれ、不眠から始まり、うつ病となってしまうこともあります。ではなぜ眼精疲労となるのでしょう?それには現代病と呼ばれる、今の社会ならではの原因がありました。

眼精疲労はなぜ起こるの?

以前に比べて眼精疲労になる人が増えていると言われている現代社会。冒頭でも触れましたが、そのほとんどはパソコンやスマートフォンの使用機会や時間が増えたことにより、ブルーライトに触れることが多くなったからとされています。

ブルーライトは、人の目で見ることのできる光(可視光線)の中で最もエネルギーが強く、波長が短い性質で、散乱しやすくちらついて見えるため目が疲れる原因となります。

また、ブルーライトは目の疲れを誘発するだけではありません。よく、寝る30分前にはパソコンやスマートフォンを使わない方がいいという話を耳にしますよね。なんと、夜間にブルーライトを長時間浴びると、眠気を誘発するメラトニンと呼ばれるホルモンが正しく分泌されにくくなり、体内時計が狂うと言われているのです。これにより、「たくさん寝ても寝足りない」や「布団に入って目を閉じてもなかなか眠れず気付いたら1時間経っていた」といった睡眠障害を引き起こしてしまいます。

眠気を解消するには

前述した状態となってしまった場合、1番の解決法は自律神経を乱すストレスの原因となっているパソコンやスマートフォンの使用をやめることです。とはいえそんなに簡単にやめることができるのであれば、そもそも眼精疲労になんてなっていませんよね。

そのため、できる限り目を疲れさせないようにケアを行い、緩和させてあげる必要があります。その方法を下記にまとめてみました。

眼精疲労に効くと言われている飲み薬はどういう薬?

眼精疲労の治し方 その眼鏡が原因かも?過矯正なら眼鏡を作り変えれば症状改善

仕事中に目が疲れたなと思ったら

目の運動をする

仕事でパソコンにくっつきっぱなしの方は30分に1度下記の目の体操を行いましょう。
  1. 瞼をギュッと閉じて、パッと開く
  2.  顔を動かさないように目線だけ左右へゆっくり動かす
  3.  そのまま上下に目線を動かす
これをパソコンの前ではない他のところを見ながら2,3回繰り返し行います。これにより目がスッキリとするので頻繁に行いたいものです。他にも繰り返しまばたきをすることも疲れ目の解消になります。

ツボを押す

目が疲れたなと思った際にツボを押してみましょう。 目の疲れを取るツボは主に目頭のくぼみ(睛明)、目じりの横(瞳子りょう)、瞳の中心からまっすぐ下に線を結んだ部分(四白)、眉頭(さん竹)が、左右対称に存在しています。
このツボを1箇所につき5~6回くらい押せば疲れ目がスッキリします。

姿勢にも気を付ける

ストレートネックってみなさんご存じですか?仕事の際のパソコンの位置が顔をまっすぐ前に向けたときより下にあったり、スマートフォンを使用する際に手元の位置を見ながら使用するとつい顔の位置が下を向きがちになってしまいますよね。これにより首が常に前傾してしまっている状態になります。ストレートネックも現代病のひとつで、気付いていない人が多いですが、ほとんどの若者がなっています。ストレートネックとなると慢性的な目の疲れにくわえ、頭痛、肩こりなどの症状が出ることもあります。

首が前傾することにより血行不良が起こり、目がかすんだり、眠気を誘発すると考えられているのですね。 同じく猫背などで身体が曲がっている状態でも同じような状況になってしまうため、パソコンやスマートフォンを使用する際はできる限り姿勢に気をつけたいものです。

⇒ これって眼精疲労?症状チェックで判明!解決法はあるの?

眼精疲労解消法!みんなが採用のグッズや方法は?

眼精疲労に効果的な目薬

Vロートプレミアム

出展 「ロート製薬

国内最多の12有効成分*1を配合。現代人の疲れ目を科学し、その原因に多角的にアプロ-チします。
ピント調節機能を改善する成分を基準内最大配合*2。また、涙へアプローチし、涙液保持機能を持つコンドロイチン硫酸エステルナトリウムと、抗炎症効果機能を持つ3つの成分を配合。酷使して蓄積していくつらい疲れ目に。
目が疲れてリフレッシュしたい時にうれしい、気持ちのよいさし心地です

*1:一般用眼科用薬製造販売承認基準内最多有効成分配合。
*2:一般用眼科用薬製造販売承認基準の最大濃度配合。

最近ではCMでもよく見かけるこちらの商品ですが、薬局の店員さんもおすすめする眼精疲労に効果的な目薬です。

サンテ メディカルアクティブ


出展 「参天製薬

SNS上で何かやばい成分が入っているのではないか?と噂されるほど効果が期待できるのがこちらの商品です。こちらのサイトでまとめができる程話題となっています。内容を一部抜粋してみました。

出展 「togetter

Twitterで評判なのを見て自分も買って見たんだけど、なにこれ…点眼して数分で「視力が良くなって眼精疲労が無くなる」んだけどッ?!信じられないかもしれないが俺も信じられない…。何かヤバイ違法な成分が入ってるとしか思えないッッ!!

メディカルアクティブ、ネオスチグミンが入ってるんだ!違法なやばい成分は入ってないけど、遠くにピントを合わせられるように目の中の筋肉が緊張するからそりゃ視力良くなった気がするわ~興味本位で試してみたい

かなりの効果が期待できるようですが、眼精疲労を感じたときに使用するものなので、常用するのはリスクが伴うとのコメントもあります。使用する際は用法、用量をよく確認してくださいね。

 

いかがでしたでしょうか?現代病とも名高い眼精疲労。その目の疲れは多くの人が感じていると思います。仕事など、欠かせない場合を除き、目の疲れを感じた場合にはまず目を休ませる努力をしてくださいね。それでも治らないときには、目薬やサプリメントを使用するなどしてつらい疲れを解消していきましょう。

他にも気になる目の症状があればこちらもどうぞ。

 


 

関連記事