風水,トイレ,鏡
百貨店からコンビニまで、お店の中にあるトイレって、大抵鏡がついていて、ちょっと身だしなみを整えるのにとても便利ですよね。
でも、私たちの家のトイレには、必ずしも鏡が付いてるわけではないですよね。

ネットでの質問を見ていると、トイレに鏡が欲しいと思っている人、結構いるようです。
半面、不要と思っている人も、風水的に良くないと言われている事からやめた方が良いとしている人もいます。

鏡がトイレに欲しい人と欲しくない人の割合は、直感的に半々くらいでしょうか。
鏡を置きたいけれど、不運は呼び込みたくないなら、どのように置けば良いのでしょうか。

(関連記事)この記事を読んでいる方におすすめの関連記事はこちら。

玄関の風水が気になる。観葉植物を置くならどこに何を置いたらいいの?

リビングで風水を使って開運したいなら何をする?簡単な事はどれ?

マンション購入前に知っておけば良かったとならないための風水の基礎

風水での鏡の役割は怖い物?

誰でも方角やカラー、インテリアに気を付ければ開運できると巷で大人気の風水ですが、本格的にしようと思うと、結構難しいですよね。

中でも、「鏡」というアイテムは、風水では扱いの難しい物とされています。

鏡は水を表し、気の流れを遮ったり、気の欠けを補ったり、気の向きを変えたり、悪い気を跳ね返したり風水では重要な開運アイテムです。しかし使い方を間違えると逆効果になってしまい使い方が難しい。

飾る場所や方向、その鏡に映り込む物にも気を使うべき、風水アイテムです。

とあるとおり、風水で基本となる考え方である、「気」(良い気も悪い気も両方)の通り道を自在に変化させることのできるアイテムでもあり、鏡自体が力を持っているアイテムでもあるからです。

しっかり目的を持ち、他の風水知識もあって、バランスをうまく取れるのであれば開運アイテムとして重要なものになるのですが、そうでなければ、逆に運気を下げてしまう可能性が大きいものでもあります。

鏡の種類も色々あります

日本古来より、鏡自体が、呪術道具としても使われたり、神聖なものとして三種の神器にもなっていたり、重要な目的で使われてきました。

鏡の「跳ね返す」力は、映像だけではなく、「運気」をも跳ね返したり、吸収して増幅したりもするようです。
風水で鏡についてよく言われているのは、次のようなものについてです。
  • 八角形=金運を上げることができ、八方位から運気を吸い取りアップさせやすい
  • 丸や楕円=人間関係を良くする、美容関係の運を上げる
  • 四角形=邪気を反射してくれる
  • 合わせ鏡=NG 色々な気を滞らせる
いずれにせよ鏡自体の汚れはNGなので常にピカピカに!
とはいえ、風水の基本的な考え方では、汚れたものは鏡に映らないようにします。
清潔、整理整頓が根底にあるとはいえ、トイレは不浄の場所。
特に便座が鏡にうつってしまったり、用を足している人の顔が映ってしまう位置だと、運気が下がってしまうのだとか。
なので、トイレではNGと考えられているように一般に広まっているのですが、位置や方角に気を付ければ置けないものでもないようです。

風水,トイレ,鏡
(関連記事)この記事と併せて読むならこちらの記事もどうぞ。

風水で運気上昇!玄関に鏡を置くときのポイントをチェック!

※ 玄関や水回りが鬼門にある!となったら、風水でできる対策は?

どうしてもトイレに置きたい!という時はここに気を付けよう

できるなら、ドアが便器正面で、鏡が横にあるような位置がオススメです。

とあるとおり、ドアを開けたらすぐに鏡が正面に見える!という状態はあまりよくないので、正面を避け、座った時に横にあるように位置を調整して、顔が映らない程度の高さにあるのがおすすめのようです。
もちろん、便座が映るのはNGですので、立った時にちょうど顔が映るくらいの高さがあるのがベターではないでしょうか。

本来は、方角も重要ではあるのですが、マイナスの働きをするのを抑えるという意味では、この配置が無難なようです。

トイレでの開運に役立つアイテムで不安を消そう?

トイレに鏡を置いてはみたけれど、いまいち良く作用しているのか自信がない方も、他のインテリアアイテムで中和できるように試してみてください。
風水では、結局は物の持つ性質や気の相互作用で運気の流れが左右されます。

他の、NGとされている事を排除し、よりよくなりそうな物を少しだけ取り入れてみましょう。

トイレ掃除は念入りに

トイレは、ただでさえ不浄の部屋ですので、風水的にもよくない気が溜まりやすい場所となります。
そこが整理整頓されてなかったり、汚れて薄暗かったりすると、それだけでNGとなります。

置物は最低限にしぼり、すっきり、でも閑散としすぎないように気を付けます。
明るく、清潔な場所には悪い気も寄ってきません。
定期的に掃除を行い、床や壁も綺麗にしておきましょう。
もちろん、鏡を置いた場合には、くもらないよう、常にピカピカに磨いておきましょう。

トイレが綺麗だと、金運も上がるとされています。

風水,トイレ,鏡

スリッパやトイレマット

自宅のトイレなので不要と考える人も多いのですが、一人暮らしだったとしても、スリッパやトイレマットは風水的には幸運を呼び込むインテリアの一つだそうです。

白系でまとめて統一感を出すと、邪気を抑える効果もあるのだとか。
タオルと合わせて、すっきりとした明るい印象を心掛けると良いかもしれませんね。

その場合も、こまめに洗い、汚れが落ちなくなってきたら取り換える等、悪い気をため込まないように注意が必要です。

ふたやドアは閉めておきましょう

邪気を抑えるというだけでなく、衛生面や健康面からも、感染を防ぐ意味で洋式トイレの蓋は重要です。
せっかくあるのですから、きっちり閉めておきましょう。
また、トイレのドアも、悪くなりがちな気が家の中へ漏れ出てしまわないよう、しっかり閉める習慣をつけましょう。

特に、トイレのドアを開けると台所など他の部屋と直結しているようなところでは、のれんを活用するなどして、気の流れを緩やかにする工夫も有効なのだとか。

観葉植物は風水では万能?

風水では種類を選ぶにしろ、どこに置いても歓迎される観葉植物ですが、トイレの場合は、トゲトゲのついた鉢植えサボテンなどが、邪気を払うとして有効のようです。

花なども良いのですが、枯れてしまったらすぐに取り換えるようにしましょう。
ドライフラワーや造花の場合は、どうしてもホコリが溜まりやすいものです。
そうなるとマイナスに作用しますので、こまめにホコリをはらえればよいのですが、難しいようなら避けましょう。

風水,トイレ,鏡
(関連記事)この記事を読んでいる方におすすめの関連記事はこちら。

お掃除にも使えるハッカ油!効果と使い方を解説

まとめ

トイレで用を足したあと、中で手洗いしたら一緒に鏡で身だしなみを整えたい人って、意外と結構いらっしゃいます。
外に手洗い場があったり、鏡があったとしても、トイレの中にもある方が来客時には便利だとか、コンタクトレンズの着脱に便利など、必要とする用途は様々です。

とはいえ、風水では、トイレに鏡はNGだとどこかで聞きかじったなら、不安になってしまいますよね。
置く事自体がNGというより、その性質ゆえに置き方を工夫しないとマイナスに作用してしまう恐れがあるという事で、置かない方が無難とも考えられています。

それでも既にある場合や、これからどうしても鏡を置きたいという方は、一読していただき、参考にしてみてはいかがでしょうか。
少なくとも、綺麗なトイレが嫌でたまらない、という人も少ないでしょうから、鏡の有無に限らず、風水的にも良いので、清潔で明るいトイレが保てると良いですね。

風水についてもっと知りたい方はこちらもどうぞ。

 


 

関連記事