このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket


フォトフェイシャルと同じ種類の光で、脱毛しながら美肌効果も期待できる!
ニキビ改善やニキビ痕、毛穴や赤ら顔などにも効果アリ!

・・・と良いことずくめに見える脱毛で、ブツブツができるって本当?

脱毛でシミやそばかすが薄くなるって聞いたんだけど・・・

脱毛するとニキビがきれいになる噂は本当か

脱毛で美肌効果あり!こんなに嬉しい効果知ってた?

 

せっかくきれいになろうと思ったらブツブツが出た!

皮膚が角化する疾患の一種であり、毛孔性苔癬は毛孔角化症という別の呼び名もある通称「二の腕のブツブツ」。その治療には、レーザーが有効といわれていて、レーザー脱毛ならその治療もできて一石二鳥。フォトフェイシャルと同じ種類の光を使う光脱毛でも、脱毛のオマケ的に美肌効果も期待できる!

そんな良いことずくめにしか見えない脱毛なんですが、施術のあとには赤いブツブツや「これは何?毛?汚れ?」というような黒いブツブツができることも・・・。

実際に体験したことはなくても、脱毛の施術後によくある肌トラブルとしてもよく聞く話ですよね。

楽しみにしていたデートや旅行に間に合うように、脱毛で肌をキレイにしておこう!と思ったのに、そんなブツブツができてしまったら?!もう気になりすぎてデートや旅行どころじゃないですよね。

気温30℃のお天気に長袖を着て隠しちゃえ!なんて、見た目もおかしいし絶対汗やニオイが気になって楽しめないし、そんなのもう出かけた瞬間から帰りたい。

そもそももう出かけたくない。
なんですかこの地獄、って話ですよ。

しかもそのブツブツ、原因やその後のケアによっては治るのに時間がかかることもあるというから、ちょっと聞き捨てなりませんね。

さて、どんな原因で、どんなブツブツが出るのか?!
もし出ちゃったら、どうすればいいの?!

しっかり確認しておきましょう。

ブツブツ肌にならないために


脱毛の施術後に副作用的に出ることがあるというブツブツ。
どんなものがあって、予防や出てしまったときの対策はどうしたら?!

つまりはヤケド、赤いブツブツ

施術後に出る「赤いブツブツ」の正体は、軽いヤケドや隠れ日焼け。つまりヤケドしていたり炎症を起こしている状態なんですね。

レーザーや光脱毛の仕組みとして、強いエネルギーを照射することで毛根を破壊します。毛根が破壊されることでムダ毛がなくなるのですが、問題はムダ毛そのものだけではなく皮膚にその強い光が当たっているのだということ。

サロン脱毛で毛が抜ける仕組みは?永久脱毛できるの?

毛根があるのは当然毛穴ですから、毛根が破壊されているときには毛穴自体にも強い熱が当たっているということなんですよね。その熱によって、毛穴やその周辺など光の当たっていた場所がヤケドしたり炎症を起こし、見るも無惨な赤いブツブツやかゆみが出ることが!

ただしこの赤いブツブツ、もし出てしまっても保湿などのケアをしっかりしてあげれば1週間ほどで治まることが多いものです。

このブツブツを悪化させずに早く治すには、いつもより念入りなUVケアと保湿は必須です。

刺激による悪化を防ぐためにも、日焼け止めや化粧水などはアルコールやパラベンが入っていないものや無香料のもの、敏感肌用のものを選ぶとより安心ですよ。

黒いブツブツは「埋没毛」


見た目のインパクトの割に、意外と早く治せる赤いブツブツでしたが、では見るからになんか汚い黒いブツブツの正体は何なのか。赤いブツブツがヤケドなら、黒いのはまさかコゲたとか?!

・・・さすがにコゲたということはなく(笑)、黒いブツブツの「黒」の正体は毛。ムダ毛が毛穴の中に残ってしまった「埋没毛」が黒いブツブツの正体です。

レーザーや光で破壊したはずのムダ毛。でもなかには破壊しきれない屈強な毛もいるわけで、そうした毛穴の居残りムダ毛である「埋没毛」が黒いブツブツに見えるんですね。

埋没毛には、よい眠りで対処!?

このしょせん毛である埋没毛の黒いブツブツは、肌のターンオーバーによって排出されます。そのため特に悪化して大変なことになるいう心配はないものの、厄介なのは肌のターンオーバーって通常28日くらいかかるということ。つまり、自然と治るけど、それだけ時間がかかるというところですね・・・。

肌のターンオーバーを促すには、質の良い睡眠をたっぷりとることや栄養をしっかり摂ることが不可欠です。

特にターンオーバーをスムーズにしてくれるビタミンCや古くなった角質を剥がれやすくするビタミンA、肌の細胞を活性化して新陳代謝を促すビタミンB6などは積極的に摂りたい栄養素です。

放置厳禁!脱毛後のブツブツ対策


ターンオーバーによって28日ほどで消えるという黒いブツブツ。
適切なケアをしていれば1週間ほどで治まるという赤いブツブツ。

なるべくターンオーバーを促して待つしかない黒いブツブツはともかく、赤いブツブツはできてしまったら要注意です。赤いブツブツはうっかり放置して細菌が感染してしまうと、ニキビのように炎症を起こして「毛嚢炎」になってしまう危険性があります。

どうしてブツブツができるの?ブツブツの原因

そもそもこれらのブツブツができてしまう主な原因は、脱毛機器の出力が高すぎること

肌の弱い人に特に起こりやすいと言われていますが、そうでない人でも起こることはあります。このため施術後のブツブツは「自分の肌に対して機器の出力が高いと起こりやすい」と考えると良いでしょう。

ブツブツが出たことのある人や心配な人は、予防のためにも脱毛機器の出力を下げてもらうかより弱い出力で脱毛できる機器に変えてもらうよう相談してみましょう。

それでもブツブツが出てしまったら、保湿などいつもより念入りなケアが必要です。また、肌の回復を助けるために、皮膚を清潔に保ち栄養や睡眠をしっかり摂るよう気をつけましょう。

脱毛後の肌は施術の刺激によって一時的に肌のバリア機能が低下。普段なら問題ない程度の服との擦れや流し残してしまったシャンプーや石鹸などの刺激に敏感、細菌にも感染しやすいデリケートな状態です。

脱毛後のブツブツ出現で楽しみにしていた予定を台無しにしないために、施術後はしっかりとケアしておきましょう。

デートや旅行の予定があるなら、治るまでの時間を考えて施術を受けたり、あらかじめ脱毛機器の出力を弱くしてもらうよう相談することで対策を!

こちらの記事も参考にしてくださいね。

脱毛で副作用ってあるの?知っておきたい原因と対処法

脱毛後のケアでトラブル防止!正しいケア方法と9つのNG集

もちろん予防には、普段から栄養や睡眠をしっかりとると言った美肌作りをしておくと、トラブルの起きにくい肌の状態を保って、思いがけない肌トラブルを避けることができます。ぜひ美肌習慣を身に付けましょう。

これから脱毛を考えている人は、こちらの記事も参考になさってくださいね。

全身脱毛の恥ずかしい疑問に回答!VIO・ニオイ・剛毛など

脱毛当日までの準備や注意事項は?やり忘れるとキャンセルに

脱毛前の剃り残しどれくらいからNGなの?上手な剃り方は?

その他の不安や疑問はこちらからどうぞ ⇒ 脱毛の基礎知識

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket


 

関連記事