脱毛はアトピーでもできるのか
脱毛したいけど、アトピーの人はちょっと躊躇してしまいますよね。

ただでさえちょっとした刺激でかゆみが出てしまったり、さらに赤みや黒ずみが残りやすい・・・真剣に悩んでいる人も多いことかと思います。

そんなアトピーさんに朗報です。実はアトピーの人ほど永久脱毛がおすすめだと言うのですが、どういうことなんでしょうか?

気になる副作用などについてはこちらも参考にしてください。

脱毛で副作用ってあるの?知っておきたい原因と対処法
脱毛できない人・向いていない人はどういう人なの?
光脱毛は何回くらい通えば完了するの?何年も通うって本当?

 

脱毛サロンのアトピーの対応

アトピーさんも脱毛サロンやエステサロンで脱毛可能

実は、大抵の脱毛サロンやエステサロンでは、アトピーのある方でも脱毛可能としています。実際に全国的にチェーン展開している大手のサロンは、ほぼ全てアトピーでも脱毛可能となっています。

それほとサロン脱毛で使われるフラッシュ脱毛は肌に優しく、毛だけにダメージを与える仕組みになっているからなんですね。

サロン脱毛で毛が抜ける仕組みは?永久脱毛できるの?

脱毛に保険証は必要?医療脱毛は保険適用?

アトピーさんの脱毛はどうやって行われるの?

アトピーの場合、その日の肌の状態が変わりやすいです。そのため、脱毛当日の状態を確認しながらの施術になります。

基本的に、赤みの強い部分や乾燥が激しい部分は避けて照射します。そのため、状態がちょっと悪いかな、という時は均等に全身の施術を行うことはできません。

基本的には、状態が安定している時に全身を施術してもらう方が効率的ですし、見た目は大丈夫そうでもいざ照射してみたら状態が悪化するという可能性もあります。無理せず予約を変更したりして対応しましょう。

脱毛の予約変更の方法や期限は?無断キャンセルはダメ!

アトピーの薬を飲んでいるまたは塗っている場合

脱毛はアトピーでもできるのか
基本的に、何らかのお薬を服用している場合の脱毛は行えませんので、アトピーさんによく処方されるステロイドの飲み薬を飲んでいる時は脱毛できません。これは、風邪薬や痛み止めなどと同様です。

また、お薬は飲んでいないけれど、痒い部分にだけステロイド軟こうを塗布していることもありますよね。その場合は、その部分だけを避けて施術することはできます。ただ、あまり広範囲にお薬を塗っている場合には、やはり状態が安定しているとは言えませんので、予約は変更した方がいいです。

ステロイドを飲んだり塗っていたらどうして脱毛できないの?

ステロイドは、アトピーさんの強い味方です。アトピーさんのほぼ全員がステロイドを服用したり、塗ったりした経験があると言っても過言ではありませんよね。

ステロイドそのものは、ステロイドホルモンといって私たちの身体のなかでも作られているホルモンの一種です。それを人工的に作り出したのが、ステロイド剤なのです。ステロイドは細胞の核内に入り込むことができ、とても強力な効果がある反面、副作用も強いものです。

ステロイドを服用していると、免疫力の低下や感染症のリスクが高まります。また、ステロイド剤は光を吸収しやすい特性があるため、脱毛のために使われる光を必要以上に吸収してしまい、火傷をおこすなどのリスクがあるのです。

通院していれば事前に医師の確認が必要

多くのサロンでは、アトピーさんの脱毛は可能ではありますが、皮膚科に通院している場合には、必ず主治医の確認が必要としているケースが多いです。

仮にサロンから医師の確認を求められていないからと言って、素人の自己判断で脱毛を行うのではなく、しっかりと主治医に相談をした方が安心です。

お肌は女性にとってとっても大切ですよね。ちょっとしたシミや傷、焼けど痕など、残したくないと思っている人がほとんどだと思います。だからこそ、しっかり確認をしておきましょう。

脱毛後のケアでトラブル防止!正しいケア方法と9つのNG集

アトピーの人ほど永久脱毛をおすすめする理由

脱毛はアトピーでもできるのか

ムダ毛の自己処理は肌バリア機能を低下させる

脱毛するまでの間は、何らかの方法でムダ毛を自己処理しているかと思いますが、よほど薄い人でない限り、頻繁な処理が必要になるかと思います。

人間の皮膚は、「人体最大の臓器」ともいわれています。広げるとなんと1.6㎡の面積にもなり、その重さは体重の約16%も占めているからそういわれているのです。

そして、その厚さは、身体の部位によっても異なりますが、平均して約2mmほど。薄いわけですよね。

その皮膚にカミソリをあてたり、毛を引っ張って皮下まで刺激を与えたり、薬剤で毛を溶かしたりし続けるのが自己処理の脱毛方法です。

そもそもアトピーの原因とは、様々ありますが、主には以下のように言われています。

<アトピーの原因>

・アレルギー
・肌のバリア機能低下
・表皮に熱がこもる
・ストレス
・ウイルス感染
・疲労

これらのことが原因となって、身体の抵抗力が落ちたり、肌そのものが刺激に弱くなってしまうのです。

改善するためには、生活習慣や食習慣などを改めたり、外的要因となりうるものを排除することとなります。例えば、ダニやハウスダスト、動物の毛などに気を付ける、特定の食材を摂らない、睡眠の質を上げるなどになりますが、それと同じように、スキンケア全般を見直す必要もあります。

一般的に行われるムダ毛の自己処理方法は、どれも肌のハリア機能を低下させる要因となるため、アトピーを引き起こしやすいと言えます。

肌バリア機能ってなに?

肌は、十分に潤いきめが整っている状態では、アレルゲンの侵入を防いだり、紫外線やホコリなどの刺激から肌を守っています。ところが、乾燥や水分を保持する役割のセラミドの不足によって、この肌バリア機能が低下してしまいます。

肌バリア機能の低下は、アレルギーを引き起こす以外にも、肌荒れ、シワ、シミ、くすみなどの老化現象を促進させるとも言われています。

肌バリア機能の復活のためには、身体の内側から整えることと外側からよく保湿し、紫外線ケアをすることが重要になります。

肌バリア機能を低下させないためにも脱毛はおすすめ

脱毛はアトピーでもできるのか
永久脱毛をしてしまえば、こうした肌への負担をかけるムダ毛の自己処理はしなくてもよくなります。そのため、人によってはアトピーが改善するという人もいます。もちろん、アトピーの原因によって異なりますので、個人差はありますが、自己処理からの解放による肌負担の軽減によって、肌バリア機能が正常化する効果はあります。

脱毛でアトピーが悪化しないか心配

うーん、それでもアトピーの肌にレーザーや光を当てるなんて不安・・・。

そうですよね、分かります。

もちろん、肌の状態が良くない時の施術は、かえって刺激になってしまいますが、落ち着いている状態であればその心配はありません。

光よりも刺激が強いと言われるレーザー脱毛ですら、アトピーやアレルギー、じんましんが悪化したという症例はないと、日本医学脱毛協会が公表しています。

そもそも美肌効果もあると言われていますので、きちんとしたタイミングで適切に行われた脱毛であれば、問題ありません。

脱毛するとニキビがきれいになる噂は本当か

シミ・そばかすがあると顔脱毛できない?濃くなるって聞いたけど

参照:日本医学脱毛協会 http://www.epi.gr.jp/qa/qa_ind.html

施術前後の肌ケアをしっかりすることによってトラブル軽減

脱毛はアトピーでもできるのか
アトピー肌であっても、サロン脱毛ができて、さらにアトピーの要因が減るかもしれないのであれば、いうことなしですよね。

さらに、日本医学脱毛協会も、脱毛によるアトピーへの悪影響はないとしています。

まずはかかりつけの主治医に相談してみてはいかがでしょうか?その上で、サロンの無料カウンセリングや、お試し体験などをして決めるのがいいでしょう。

コロリ―(全身脱毛)の評判や口コミ、解約方法は?

サロン脱毛にするか、医療脱毛のどちらにするか迷っている人は、こちらを確認してみてくださいね。

アトピーなんだけどサロン脱毛と医療脱毛どっちがおすすめ?

高校生でも、脱毛できますよ!早ければ早いほどいいという意見も多いので、高校生で脱毛をしたいと思っているなら、こちらも読んでみてね。

高校生だけど脱毛って早い?脱毛できるかな?

脱毛の基礎知識に関してはこちらからもどうぞ ⇒ 脱毛の基礎知識


 

関連記事