「せっかく予約入れておいたのに、生理が来ちゃった!」というのはよくあること。

VIO脱毛を考えているなら特に気になる生理中の脱毛ですが、生理中はVIOはもちろん、VIO以外の脱毛もできないサロンは多くあります。

なぜなのでしょうか?

生理と脱毛について、少し勉強しておきましょう。

各サロンの生理中の脱毛の扱い

生理中の脱毛対応は4パターン

生理中の脱毛対応パターン

1.VIO以外も脱毛できない
2.VIO以外の脱毛はできるけどVIOは消化
3.VIO以外の脱毛ができてVIOのみ後日振替えができる
4.生理のときだけ予約の変更ができる(ペナルティなし)

サロンによっては、生理中は腕や足などVIO以外の脱毛であっても受け付けていない場合や、VIO以外のみ脱毛ができる場合とがあります。

脱毛そのものが受けられないサロンの場合には、予約を変更せざるを得ません。予約変更には各サロンでルールがあり、厳しいところでは3日前までに変更連絡をしなければペナルティが発生してしまうこともあります。脱毛の予約当日に生理が予定外に来てしまう!などということは十分に考えられるので、その場合にはペナルティ対象となってしまうかもしれないということです。

>>予約をキャンセルするとペナルティはどうなるの?こちらで確認

このように、生理が来るタイミングによっては、すぐに連絡をしたとしてもキャンセル扱いとなってしまうことがあります。キャンセル扱いとなると、キャンセル料がかかったり、脱毛1回分の消化扱いとなってしまうこともあります。

また、契約コースによってはVIOの後日振替ができるサロンもあります。その場合には、VIO以外の脱毛を当日しておいて、後日VIOだけ行うことになります。振替ができない場合には、VIOだけ脱毛回数が減るということになります。

生理中の脱毛:各サロンの対応とキャンセル料など


仮にVIO以外の脱毛はできるとしても、生理痛が重い、生理の時はだるい、熱っぽいなどの体調不良があれば、思い切ってキャンセルした方がいいでしょう。そもそも、生理痛のために痛み止めを飲んでいる場合には脱毛はできません。

そこで、大手の脱毛サロンの生理中のVIO以外の脱毛の可否やキャンセルした場合のキャンセル料などを見てみましょう。
サロン・クリニック脱毛の可否キャンセルしたらどうなる
ミュゼ全身脱毛コースのみVIOの振替え可。

特になし。
途中解約の場合にはキャンセル数分の返金額が減額
C3×回数パック:1回分消化

回数無制限:キャンセル料3,000円
銀座カラー生理中に限って当日の予約振替が可能

生理以外の理由は当日キャンセルのペナルティあり
8回までは1回消化、9回目からは1回消化+2,000円
キレイモ1回分消化
脱毛ラボ回数パックの場合のみVIOだけ繰越し可

前日キャンセル:1,000円
当日キャンセル:1,000円+1回消化
恋肌(こいはだ)月額制:当月分消化
回数パック:1回分消化
コロリ―特になし。
途中解約の場合にはキャンセル数分の返金額が減額
一般的には、生理が理由であっても当日の予約キャンセルには何らかのペナルティがあるものですが、銀座カラーのみ生理の場合に限って、予約の振替ができるというのは、嬉しいポイントです。

>>脱毛サロンをコスパよく通いたいなら検討ポイントはココ!

>>脱毛コスパ比較!人気サロン比較してみたよ

生理中の脱毛ができない理由

生理中の脱毛を推奨しないのには理由がある

普段は定期的に生理が来る人でも、ストレスなどによって生理の周期が乱れてしまうことはよくあることです。ましてや、高校生や大学生のようにまだ若いうちはホルモンバランスの乱れから生理が不規則になりがちです。

生理になると、せっかく予定していた脱毛ができないことになるので、早くツルスベになりたい気持ちがあればあるほど、1回がもったいないと思ってしまいますよね。

でも、各サロンが生理中の脱毛を推奨していないのにはしっかりとした理由があるんです。

生理中の脱毛をお勧めしない理由とは

理由1:生理中はホルモンバランスが乱れている

生理中は、ホルモンバランスがいつもとは違っているため、基本的に身体全身がデリケートな状態になっていると考えてよいでしょう。精神的にも生理前に情緒不安定になったり、甘いものが食べたくなる、異常に眠たくなるなど、人によってその影響を実感している人もいます。

この記事を書いているライターも、生理前にはむしょうに甘いものが欲しくなります。10代のころはそれほど感じなかったのですが、大人になってからは「もしかして生理前だから?」と実感するように。10代のころはいつもお腹がすいていたので気が付かなかったのかもですが(笑)

そのように、人によって実感があったりなかったりはしますが、女性の身体は毎月劇的な変化をしているのです。

理由2:肌トラブルが起きやすい

生理中の肌は敏感になっています。そのため、脱毛による刺激や、脱毛することで肌表面の常在菌が減ること、毛穴の中が軽いやけど状態になることなどから、毛嚢炎やかゆみ、蕁麻疹、ブツブツなど、何らかの肌トラブルを起こしやすくなるのです。

また、炎症を起こした皮膚は色素沈着によって黒ずみなどの原因にもあるので、なるべく炎症させない方がいいのです。

>>脱毛中の肌ケアは副作用防止のためにも大事なポイント!

理由3:痛みを感じやすくなっている


生理中は肌が敏感なこともあり、普段より痛みを感じやすい人が多いです。

いつもと同じマシンで同じスタッフに、いつも通りに施術してもらっても、痛みを感じる度合いが異なることもあるので、基本的には生理中は痛みを強く感じるものだと覚悟して施術した方がよさそうです。

ただでさえ痛みに弱い人にとっては、脱毛の刺激が耐えられないことも。もしも痛みに弱いと自覚している人は、施術を見送った方がいいかもしれませんね。

理由4:衛生面で考慮すべきだから

仮に、サロンのタオルやマシンに血液が付着したり、スタッフが血液に触れてしまうことによって、何らかの感染をしてしまうリスクがあります。

それに、やっぱり他の人が生理中にVIOなどの脱毛をしたマシンで自分も施術されるのってあまり気持ちのいいものじゃないですよね。

もちろん、サロンでは衛生面にとても気を使っていますし、生理中でも脱毛ができるサロンでは、紙ショーツではなく自分のショーツでナプキンやタンポンを使ったまま施術しますので、血液が付着する可能性はありません。

とは言え、万が一の可能性を考えると、他の利用者のためにも衛生面にたくさんの注意を払う必要がでてきます。

>>脱毛の施術中はどんな服装やかっこうをするの?VIOが恥ずかしい

理由5:脱毛効果が落ちるから

生理中に脱毛してもあまり効果がないなんて、信じたくないかもしれませんが、事実です。

例えば、一度脱毛完了したはずなのに、妊娠したら再生した!なんて話もありますが、これはホルモンバランスが変化したためといわれています。このように、毛の生える仕組みとホルモンは密接な関係があるのです。

そのため、いつもと違うホルモンバランスの状態のときに脱毛をしても、効果がいつもより弱い気がする、毛の抜け方が少ないと言うことがおきる可能性があります。

生理前や終わりかけ、生理が終わった直後の脱毛


生理直前は、すでにホルモンバランスが変化している状態です。もしも自分の生理周期がわかっているようであれば、生理直前の予約は避けた方がいいでしょう。

また、生理が終わりかけているからと言って、生理が終わったと言って施術してはいけません。『生理中の脱毛をお勧めしない理由とは』にも書いた通り、生理中は様々な体へのリスク、他の人へ迷惑をかけてしまうリスク、脱毛効果が得にくいという理由から、生理がきっちりと終わるまで待ちましょう。

生理がきちんと終われば、直後であっても脱毛をしてもかまいません。生理が終わったころは、ホルモンのバランスも整い、お肌の状態も平常時に戻っている頃ですので、きちんとケアをして脱毛を行いましょう。

>>脱毛後のケアでトラブル防止!正しいケア方法と9つのNG集

その他、こんな時は脱毛できる?とみんなが疑問に思う内容は次から確認してくださいね。

蕁麻疹があっても脱毛できる?脱毛で蕁麻疹が出るかも!?

アトピーでも脱毛できる?アトピーなら永久脱毛がおすすめ!

脱毛するとニキビがきれいになる噂は本当か

シミ・そばかすがあると顔脱毛できない?濃くなるって聞いたけど

その他の疑問や不安はこちらから確認してね ⇒ 脱毛の基礎知識

 


 

関連記事