このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket


いざ脱毛!と張り切っていってみたら事前準備が不十分で断られてしまう事もあるんです。

カウンセリング時にしっかり説明があるとは思いますが、サロン側が特に言わなくても普段の心構えとして注意しておきたい事もあります。どんな準備が必要で、何に気を付けていればよいのかあらかじめ予習していくと安心ですよね。

それほど大変な事ではありません。ちょっぴり知っておくと便利な情報なので、施術前までには読んでみてくださいね。

こちらの記事も参考になさってくださいね。

脱毛で副作用ってあるの?知っておきたい原因と対処法

サロン脱毛で毛が抜ける仕組みは?永久脱毛できるの?

 

脱毛の施術当日までの準備


まず、基本的に脱毛する部位を施術当日までにはシェーバーで自己処理しておきます。

電動シェーバーでも顔ぞり用などのシェーバーでも良いのですが、ムダ毛を剃っておくのです。この時肌を傷つけないように気を付けてくださいね。

なぜ脱毛しに行くのにわざわざ自己処理しなくてはならないかというと、余計な火傷を防ぐためというのが一番の理由です。

光脱毛の多くのシステムは、メラニン色素に反応するタイプの光を使っています。すると毛が不必要に多く残っていると、熱があちこちに集まって火傷をしてしまう可能性があるのです。そこで最小限の熱処理にするためにも、剃る必要があるのですが、毛抜きで抜いたり除毛ムースやワックス、クリームを使うのはNGです。肌荒れのもとでもありますし、毛周期が乱れてしまいます。

理想は、シェーバーで沿って1ミリくらい残した状態です

肌を傷つけず、優しくそっと、でもすべてを綺麗に処理するようにしましょう。前日までに剃っておき、一日経ったくらいで丁度良いかもしれません。

もしもどうしても剃りにくいヒップ奥や背中の上の方などは、剃り残しがあった場合に自分のシェーバーを持参していけばサロンのスタッフが手伝ってくれる場合もありますので、剃り残しがあった時の対応もしっかり確認しておきましょう。

サロン脱毛したその日にツルツルになるの?

剃らないで行くとどうなるの?

施術をお断りされてしまうこともある

サロンによっては直前に剃ってくれる所もあるようですが、ほとんどのサロンでは自己処理をしてきてもらい、当日は施術だけ、つまり光を当てるだけの作業を淡々とこなします。そのため、作業が淡々と進み、みんなの予約をなるべくたくさんこなすことで、費用も安価に抑えることができているとも言えます。そのため、もしも自己処理を忘れて行ったり剃り残しがあった場合は、処理を断られる事もあります。

自前でシェーバーを持っていって処理すればギリギリOKの場合もありますが、脱毛の予約時間は限られていますので、あまり多い範囲だと難しく、キャンセルをせざるを得ないかもしれません。

キャンセル料やペナルティとして処理費用を取られることもある

少々の処理残しであればサロンの人が処理してくれる事もあるのですが、処理費用をペナルティとして取られる事があります

せっかく光脱毛が数百円でできるとしても、処理費用が数千円とかかかってしまったら、なんのために安い所へ行っているのかわかりませんよね。

剃り忘れでキャンセルした場合もキャンセル料がかかるかもしれませんので、このへんの規定がどうなっているのか、カウンセリング時にしっかり聞いておくようにしましょう。

うっかり脱毛の予約を無断キャンセルしちゃった!どうしよう…

キャンセル料やペナルティに関する情報は自分から積極的に収集しよう

サロンの中には、自分から説明せずに書面でこのあたりの規定について小さな字で書いてある物を渡される所もあるかもしれませんが、しっかり隅々まで読んで、覚えておくようにしましょう。予め自己処理をし損ねたり、キャンセルせざるをえなかった場合にどうなるのか知っていれば、気になった時に施術してくれる人に聞けますよね。

色んな方法を設定していますので、行こうとしているサロンの情報はしっかり把握しておくようにしましょう。

無料カウンセリングなどで不明点はしっかりと確認しておくと安心ですよね。

人気のコロリ―(全身脱毛)で脱毛してみたいならこちら

カウンセリング当日、その日に脱毛できるサロンは?

予防接種は施術前後は避けて予約する

サロンによっては、施術前後数日の間に予防接種をしている人は施術NGとしている所があります

予防接種は、自覚症状はほとんどなくても体に不調が出る可能性のある状態と言えます。副反応が出ることもありますので、体に光脱毛でさらに負荷をかける事でトラブルに会う可能性を避ける意味があるのです。

もしなんらかの予防接種を予定しているのであれば、施術を予定している日の前後10日ほどは避けて予約すると良いでしょう。

脱毛で副作用ってあるの?知っておきたい原因と対処法

当日までの注意事項


自己処理以外で気を付けておく方が良いのは日頃の過ごし方です。

日焼けしない方が良いとか、保湿ケアが必要といった事はカウンセリング時にも注意されます。ですが、日々学生生活をしているとなかなかそこまで手が回らない事もあるかもしれません。せめて紫外線がキツイ時期には日焼け止めをしっかり塗る習慣をつけるとか、お風呂あがりにはローションをしっかり使うようにするなどを心掛けておきましょう。

余計なトラブルに会わないようにするには、日ごろのこういったケアも大切なのです。

また、当日にはもちろん激しい運動飲酒などを行うのはNGです。いくら痛みをほとんど感じないとはいえ、肌の奥で熱ダメージを与えるのが光脱毛の仕組みです。細胞レベルでは疲れてしまうのですから、余計な活動や負荷を与えるような行為は慎まなくてはいけません。前日もできれば安静にすごし、体調を整えておきましょう。

また、頭痛薬や抗生物質などのを飲むと、施術できない事があります。安全面を考えて、しっかりかかりつけの医師と相談し、施術当日はサロンのスタッフに自己申告しておきましょう。

せっかく施術したのに効果が少ないとか、かえってトラブルに会うなんてことにならないよう、気を付けておきたいものですよね。

これから脱毛を考えている人はこちらの記事も参考にしてみてくださいね。

サロン脱毛したその日にツルツルになるの?

ニキビがあっても脱毛できる?ニキビがあったらどうなる

未成年の脱毛は何歳から可能なの?身体への影響が心配かも

他にも疑問があれば、こちらで確認してみてくださいね ⇒ 脱毛の基礎知識

 

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket


 

関連記事